Choole

MENU

ウエディングドレスの定番!【Aライン】って?

Share

ウエディングドレスと言っても種類は様々です。
ドレス選びをする際には、まずは種類を知ることからはじめてみましょう。
今回ご紹介するのは、王道スタイルと言われている【Aライン】。
Aラインのドレスが作る印象・似合うベールの形も合わせてお伝えしていきます。 (文:ameri)

1. シンプルで上品。トレンドに左右されない”Aライン”のドレス

ウエディングドレスと言っても、エレガントなスタイルから二次会やパーティーに適したカジュアルなスタイルまで、様々な種類が存在します。

その中から今回ご紹介するのは、年齢を問わず人気で取り入れやすい王道の“Aライン”。まずは“Aライン”とはどのようなウエディングドレスなのかをご説明します。

“Aライン”とは、高い位置にあるウエスト部分からスカートがふんわりと広がっており、まるでそのシルエットがアルファベットの“A”のように見えることからそう呼ばれているスタイルです。

シンプルで上品な印象を与えることができるので、年齢を問わずどんな花嫁さんにも似合うことが特徴です。トレンドに左右されないのも嬉しいポイント。

2. ”Aライン”のドレスは上半身のデザインと着こなし方がポイント

ウエストから裾にかけて、ふんわりと広がるラインが“Aライン”の特徴だと説明しましたが、 “Aライン”はそれだけではなく、上半身のデザインの選び方を変えることで印象をチェンジすることができるのです。

上半身のデザインにビスチェタイプを選ぶと、スラッと華奢なスタイルに。オフショルダータイプだとより可憐な印象、レースタイプならより上品でクラシカルな印象に変わります。

セパレートドレスをチョイスすれば、さらに組み合わせをこだわることが可能。どんなタイプとも相性が良く、これも“Aライン”の良いところではないでしょうか。

また、ナチュラルに体型をカバーしてくれるところもポイントです。「二の腕の太さがコンプレックスだから隠したい」という花嫁さんは、思いきってビスチェタイプにトライしてみて!

オフショルダーで二の腕を隠そうとする方もいるのですが、それはむしろ逆効果。気になる部分を強調してしまうことになります。

ビスチェタイプは、デコルテから腕にかけてのラインを綺麗に見せてくれる効果が期待できますから、潔く腕を出した方が綺麗に見えますよ。

*印象的なウエディングドレスの選び方

3. “Aライン”のドレスに似合うウエディング小物とは?

上品な“Aライン”のウエディングドレスには、滝をイメージして作られた正統派「キャスケードブーケ」や花で丸く形作った「ラウンドブーケ」がよく似合います。

王道のウエディングドレスだからこそ、ブーケも正統派でまとめるのが◎です。

また、動きやすく、かつ華やかさもあるミドルベールは“Aライン”との相性も抜群。ウエストラインまでの長さなので、“Aライン”の切り替え部分とのバランスも絶妙ですよ。

ロング丈のマリアベールは、シンプルなデザインの”Aライン”のドレスにピッタリ。

元々聖母マリア様が使用していたことから、こう呼ばれるようになったマリアベール。つけるだけで一段と神秘的な雰囲気に包まれます。

顔の周り全体にレースがあしらわれているので、可憐さを引き立ててくれるのも特徴です。

ドレスがシンプルなデザインであればベールは少しデザイン性のあるものを、ドレスが華やかなのであればベールはミドル丈でまとめるなど、バランスをとることがポイントです。

ウエディング小物にもこだわろう!

4. まとめ|”Aライン”のドレスは会場のイメージに合わせてデザインを選んで

“Aライン”のウエディングドレスが似合う会場はズバリ、ホテルです。

リッチで華やかな空間に“Aライン”のドレスの上品さはよく似合いますし、ホテルごとに異なる空間のニュアンスに合わせて上半身のデザインをチョイスすれば、より洗練されたトータルコーディネートが叶うはず。

逆に、ゲストハウスでのウエディングやガーデンウエディングといった、新婦さんが動き回る可能性が高い結婚式では、もう少しカジュアルなドレスや、Aラインの中でもスカート部分にあまりボリュームのないものをチョイスした方が、より会場のイメージとマッチして良いでしょう。

少人数向けの会場なのにボリュームのあるドレスをチョイスしてしまうと、なんだかちぐはぐな印象を与えてしまう上に、動きづらくて大変な思いをしてしまいます。

なりたい雰囲気はもちろんのこと、結婚式を挙げる会場についても頭に入れて選んでみてくださいね。

*Chooleのドレスショップを見てみる!

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング