結婚式関連情報をお届け|Choole【チュールウエディング】

MENU

”Romantic”な結婚式の作り方!結婚式のテーマをドレスに取り入れる方法とコーディネート例を解説。Romanticにおすすめの会場も!

Share

結婚式の準備を始めようと思うけれど、実際なにからしたらいいのか…… はじめてだからこそ、わからないことばかりですよね。
「結婚式のテーマ」を決めるといいとよく聞くけれど、そもそも結婚式のテーマってなに?どうやって決めるの?と疑問は尽きないもの。
そこでこの記事では、結婚式のテーマの決め方から人気テーマの「Romantic」にフォーカスして、ウエディングドレスに取り入れる方法やコーディネート例、「Romantic」がテーマの会場装花・ブーケ、結婚式場を紹介していきます。(文:立澤菜月)

1.結婚式のテーマって?

結婚式のテーマ決めとは、「二人らしさを表現すること」です。

結婚式の準備は約半年〜1年ほどかけて、様々なことを決めていきます。
そのときに軸=テーマがあると、統一感を持って決めていくことができます。

テーマに沿っているかどうかを基準に考えればいいので判断がしやすくなり、さらには結婚式全体がまとまるというようにメリットばかりです。

実際にテーマを決めていく方法ですが、まずは思いつくままに好きなものや場所、色、写真やイラストなどを集めてみましょう。

漠然としたワードで構わないので書き出してみて、そこから共通する言葉やキーワードを見つけていきましょう。
それこそが結婚式のテーマとなります!

結婚式のテーマは二人だけでなく、プランナーやヘアメイク、カメラマン、フローリストなど様々な人と共有することが大切です。

テーマを共有しやすくするためにも、イメージに近い写真や画像の切り抜きなどを準備しておくのがおすすめです。
プロの視点から見たアドバイスやアイデアもたくさんありますので、相談してみてもいいですね!

会場やウエディングドレスは後から変更ができないことも多く、イメージと違ったということにならないためにもテーマの共有は大切です。

▼注目記事
必見!パレスホテル東京の人気卒花に聞く♡結婚式のこだわりポイントをChoole(チュールウエディング)のインスタライブで語る!

2.いま人気!「Romantic」をテーマにした結婚式

グランブリエ東京

出典:Choole| グランブリエ東京

女心をキュンとさせるカワイイが詰まった結婚式テーマ「Romantic」

「ロマンチック」から連想するキーワードといえば、ピンク・リボン・ローズ・パステル・キラキラ・シャンデリア……

まるで海外映画の世界に出てくるようなものがイメージされますよね!
それを実際に取り入れるのは一見難しそうですが、結婚式は非日常な空間だからこそ斬新なアイデアや幻想的なものが取り入れやすいことも。
ゲストテーブルフラワー

出典:Choole| SPOONBILL / HERBE DE CAMPAGNE

テーマを取り入るのに大切なのは、「会場・衣装・装花」の3つです。
そのなかで会場は一番印象が強い部分ですが、一番オリジナリティを出しづらい部分でもあります。

そこで取り入れるアイデアとして有効なのが、テーブルクロスやチェアカバーをアレンジすることです。

チェアはベーシックなデザインでも、ピンクの布をリボン状に結ぶとロマンチックチェアが完成します。

違うアイテムも同じようなアレンジを取り入れれば、お揃いのアイテムとして見せることも可能です。

同じくテーブルカバーをレース素材にチェンジするのもおすすめのアイデア。
テーブルカバーの色を変えるアイデアはよく見ますが、レース素材を使用するのは珍しいアレンジです。
シンプルな方法ですが、ロマンチックな家具に大変身しますね。

テーブルやチェアなどの家具自体を変えるということは難しいですが、カバーを変えるアイデアだったら簡単にできそうですよね。

テーブルコーディネートは、色使いが大切なポイントになります。
「ピンク×ホワイト×ゴールド」の組み合わせは、上品さと優雅さを印象づけることができ、ロマンチックのテーマにぴったりです。

ロマンチックのテーマには、ペールトーンやパステルカラーなどのやわらかな色味がよく合います。

カラーを選ぶときに気をつけたいのが、甘いカラーだけを組み合わせないことです。
トーンを少し抑えたカラーやグレイッシュカラーなどのニュアンス系の色味を取り入れることで、落ち着いたロマンチックカラーを作ることができます。

テーブルコーディネートだけでなく、様々なアイテム選ぶときにキーカラーは大切になるので、合わせて決めておくといいですね。

ウェルカムボードや受付のスペースもテーマを取り入れるのに、うってつけのスペースです。
それは、一番最初にゲストの方の目に入る場所が受付スペースだからです。
最初にテーマを伝える場所としてこれ以上ないほど最適なスペースですよね。

テーマを決めたときに用意したイメージ画像をコンセプトにしてみるのもいいでしょう。
テーマの他にキーカラーやキーフラワーなどのモチーフを決め、アレンジのポイントとして取り入れるのもおすすめです。

ペーパーアイテムには、ウェルカムボードやテーブルコーディネートと同じイメージを取り入れてみましょう。
ピンク×ゴールド・ローズモチーフ・リボンを組み合わせたロマンチック要素たっぷりの招待状は、開けるときの高揚感が高まりますよね。

ご両親贈呈花束

出典:Choole| SPOONBILL / HERBE DE CAMPAGNE

 

2-1.「Romantic」をドレスに取り入れる方法

結婚式テーマ「Romantic」をドレスに取り入れるポイントは、「ラブリーになりすぎない甘めドレス」を選ぶことです。

例えば、「スカートにフリルがふんだんにあしらわれているならば、トップスはシンプルなビスチェ」など、ボリュームを足したら何かを引くことがポイントです。

ロマンチックに甘さは欠かせないポイントなので、ラブリーになりすぎず上品な甘さを目指しましょう!

ボリュームスカートのプリンセスドレス

出典:Choole| Dress&Hairmake ANJERI

上の写真は、繊細なフラワーモチーフがロマンチックなプリンセスラインドレス。
身頃はケミカルレースにシフォンの立体的なフラワーモチーフをあしらい、さらにパールやストーンを施したこだわりのハートカップデザイン。

まるでお姫様のようなディテールがたっぷりと詰まったトップスには、シンプルなふんわりシルエットのスカートがマッチします。

透け感が軽やかな印象ながらも、プリンセスラインのシルエットを綺麗に見せてくれるオーガンジーを使用し、裾にはホースヘアーをあしらっています。

スカートにもレースや刺繍が施されているドレスを選ぶと、ロマンチックがテーマのウェディングには甘さが強すぎてしまいます。

程よい抜け感と軽やかさが、ロマンチックがテーマの会場や装花とも好相性で、おすすめの一着です。
ふんわりオーガンジーのロングトレーンドレス

出典:Choole| Cinderella & Co.

上の写真は、憧れのロングトレーンを最大限に活かしたプリンセスラインのウエディングドレスです。
結婚式(特に挙式)では、バックスタイルを見られている時間がとても長く、バックスタイルでドレスを選ぶ人も多いほどです。

オーガンジーの重なりが醸し出す透明感は、シンプルながらもゲストの目を惹くバックスタイルです。
分量もたっぷりのロングトレーンですが、決して重くなることもなく、愛らしいロマンチックな雰囲気にぴったりです。

身頃はハートカップに、丁寧なハンドビーディングとチュールのフラワーモチーフがあしらわれたデザインになっています。

ローウエストにV字切り替えのデザインは、分量感たっぷりのプリンセスラインも大人っぽく見せてくれるポイントとなっています。

甘くなりすぎない「大人のロマンチック」におすすめしたい一着です。

Christina(クリスティーナ)

出典:Choole| THE HANY

上の写真は、theロマンチックなムード満載のオフショルダー×プリンセスラインのドレスです。
1つ1つハンドメイドで作られた大小様々なフラワーモチーフが散りばめられ、クチュールドレスのような贅沢な一着です。
さらにクリスタルやパール、レースなど細部にわたってこだわったデザインとなっています。

ボリュームやディテールの多いドレスは、着用するとドレスに負けてしまって着こなすのが難しいという声もよく聞きます。

こちらのドレスは、肩から落としたオフショルダーディテールなので、目線が上に行き着こなしやすくデザインされています。

さらに、脇からウエストにかけてクロスに生地が配され、ボリュームスカートも相まってウエストをよりシェイプして見せてくれる嬉しい効果も。

ボリュームたっぷりのスカートにロングトレーンは、大階段での撮影やバージンロードの長いチャペルにとてもよく映えます。
ついシェアしたくなるような華やかなロマンチックドレスです。

2-2.「Romantic」のコーディネート例

シニヨンアップヘア

出典:Choole| tamada tomoya

ロマンチック・ウエディングにおすすめのヘアスタイルは、緩やかなウェーブを活かしたフェミニンなアップスタイルです。
ディテールがたくさん詰まっていたり、ボリュームの多いウエディングドレスがロマンチックのテーマにぴったりです。

そのため、アップスタイルにすることで抜け感を出し、全体のバランスが重くならないようにしましょう。

ロマンチック・ウエディングのフェミニンなムードを出すためには、緩やかなウェーブでエアリーさを取り入れたアップスタイルがおすすめです。

ふんわりウェーブのダウンスタイルにしたい場合は、身頃がシンプルなビスチェタイプのドレスを選び、どこかに抜け感を作るように意識しましょう。
クロエヘッドピース

出典:Choole| Core&Coeur

ピンクベージュのニュアンスカラーがポイントのヘッドアクセサリーは、ロマンチックなドレスにぴったりのアイテムです。
丸みのあるフラワーモチーフを大小組み合わせ、ストーンやビーズを散りばめたデザイン。

サイズは大きめですが、高さや立体感がないのでボリュームのあるドレスとも相性良くコーディネートすることができます。

バックスタイルでも、フロントでカチューシャのようにアレンジできるのも魅力です。
スパークリングドロップピアス

出典:Choole| Core&Coeur

トレンドの小枝モチーフのイヤリングも、丸みのあるデザインにさりげないピンクがアクセントのデザインはロマンチック・ウエディングにおすすめ。
繊細なデザインですが、揺れるたびに輝くきらめきがしっかり印象づけてくれます。
ノーネックレスでのコーディネートがベストマッチ。

2-3.「Romantic」を会場装花・ブーケに取り入れる方法

結婚式で欠かせないのは、会場装花やブーケに使用するフラワー。
ロマンチックがテーマのウエディングでは、会場をコーディネートするフラワーの色味がポイントになります。

ロマンチックのテーマにおすすめの会場装花です。
メインテーブル装花

出典:Choole| mini et maxi

ロマンチック・ウエディングには、ニュアンスピンクのフラワーがぴったり。
甘くなりすぎないニュアンスピンクにホワイト、グリーンをアレンジしたメインテーブルの装花は、ナチュラルスイートな印象に。

テーブルクロスやチェアカバーなどのフェミニンな装飾、ボリュームたっぷりのウエディングドレスとも相性が良いです。

桜とラナンキュラスの春色ブーケ

出典:Choole| Les Quatre Feuilles

ロマンチックがテーマのウエディングにぴったりな、数種類のピンクを束ねたブーケ。
春の花、桜やラナンキュラスを使用したスペシャルブーケです。
生花ならではの自然に生まれるピンクの絶妙な差がなんとも愛らしいデザインです。

お色直しのカラードレスにはもちろん、真っ白なウエディングドレスに合わせるのもとても素敵です。
クラッチブーケ

出典:Choole| Hanaya Fukutaro Wedding

かすみ草とローズでデザインされたふんわりとしたクラッチブーケ。
ロマンチックなテーマならではの雰囲気がとてもかわいらしいですよね。
キナリ、オフホワイト、ピュアホワイト…と、ウエディングドレスにも様々なカラーがありますが、どのカラーにもマッチするのがかすみ草とホワイトローズの組み合わせです。

可憐な印象のクラッチブーケは、ロマンチックのテーマにぴったりです。

3.「Romantic」が似合うおすすめの結婚式場

フェミニン派から絶大な人気を誇る結婚式テーマ、「Romantic」

やわらかさ、軽さ、甘さが絶妙にミックスしたロマンチックは、愛され結婚式の王道テーマです。

ウエディングテーマを実現するには、「会場・ウエディングドレス・装花」の3つのバランスが重要です。

そのなかでも会場選びをする上で大切なのが、二人のテーマやイメージ通りの空間を作ることができるかがポイントです。

ロマンチック・ウエディングの場合は、色使いがキーになります。
会場設備や家具を変えることは難しいので、その部分がイメージに近いか、またはアレンジで対応できるのかもしっかり確認が必要です。

テーマ「ロマンチック」にぴったりのおすすめ会場をご紹介します。

3-1.グランブリエ東京(東京>東京駅、銀座、品川)

地上210mから東京を一望できる会場が圧巻のグランブリエ東京。

東京ベイを臨むチャペルは、自然光に包まれた洗練された空間が魅力です。
ホワイトを基調とし、クリスタルの装飾や猫足のチェアなどロマンチックなこだわりが詰まっています。

チャペル全体もまるでロココ調のようなテイストでデザインされ、ロマンチックなムードにぴったりです。

パーティ会場は、270°の大パノラマから東京の絶景を眺めることができる空間です。
天井を見上げると、キラキラ輝くシャンデリアが目を惹きます。

会場に配置されているライトはシャンデリアのようにデザインされて、どこで写真を撮ってもロマンチックな雰囲気に仕上がり、プリンセス気分を味わいたい、そんなイメージにしたいという人におすすめです。

そして、グランブリエ東京の最大の魅力が食事のコースを当日選べるというところ。
大人数の披露宴パーティはほとんどが1コースです。
今までにない体験と出来立てのお料理は喜ばれること間違いなしのおもてなしです。
グランブリエ東京

出典:Choole| グランブリエ東京

3-2. オーベルジュ・ド・リル トーキョー(東京>東京駅、銀座、品川)

10年かけて移築したイギリスのジョージ王朝様式の邸宅レストラン、オーベルジュ・ド・リル トーキョー。

本店はフランス・アルザスに130年以上続く名店で、ミシュラン三ツ星を50年以上に渡って守り続ける世界中から愛されるレストランです。

閑静な住宅街に位置する白亜の邸宅は、知る人ぞ知る大人の隠れ家。
外観もさることながら、中はアンティークのシャンデリアや大きな螺旋階段が圧巻です。

アンティークな非日常空間はまさに大人のロマンチックといったところ。
1日1組限定で貸し切る贅沢なウエディングは、二人の希望のスタイルに合わせて自由にアレンジができるのも嬉しいポイントです。

ホームパーティのような少人数から、大人数での立食パーティまで幅広いスタイルを選ぶことができ、至高の料理でもてなすことができます。

センターテーブルや円形テーブルなど、ハードな部分もアレンジがしやすいのも魅力です。
イメージを実際に叶えてくれる会場としておすすめです。

オーベルジュ・ド・リル トーキョー

出典:Choole| オーベルジュ・ド・リル トーキョー

 

4.まとめ|結婚式のテーマ「Romantic」で愛されウエディングを叶えましょう!

フェミニン派はもちろん、誰もがキュンとする愛され結婚式を実現するのが「Romantic」

ロマンチック・ウエディングは淡いピンクやペールトーン、パステルカラーといった色の組み合わせが大切です。

キーカラーとあわせてフラワーやモチーフを決め、アレンジしていくのもいいですよね!
まるで海外映画の世界に入り込んだかのような、幻想的な空間がロマンチック・ウエディングにぴったりです。

こだわりのアイデアを見つけて、愛され結婚式を実現しましょう!

「Choole(チュールウエディング)」では結婚式に関する質問やお悩みも相談できるサービスも行なっています!
加えて、LINEで「こんな結婚式にしたいな」と考えている画像を送るだけで、理想の会場探しができるサービスも行なっていますので、ぜひチェックしてみてください♪
Chooleの「LINEで結婚式相談」ご利用方法

 

オーベルジュ・ド・リル トーキョー

出典:Choole| オーベルジュ・ド・リル トーキョー

 

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング