結婚式関連情報をお届け|Choole【チュールウエディング】

MENU

”Bohemian”な結婚式の作り方!結婚式のテーマをドレスに取り入れる方法とコーディネート例を解説。Bohemianな会場も!

Share

「自分たちらしい結婚式」を実現するには、コンセプトやテーマを決めることが大切ってよく聞くけれど、本当に必要なの?どうやって決めるの? そう思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「自分たちらしい結婚式」を叶えるために必要なテーマとは、そもそもテーマってなんなの?というところから、人気テーマの「Bohemian」にフォーカスして、ウエディングドレスに取り入れる方法やコーディネート例、「Bohemian」におすすめの会場装花やブーケ、結婚式場を紹介していきます。(文:立澤菜月)

1.結婚式のテーマって?

多くの新郎新婦が理想としている「オリジナリティのある結婚式」。とは言ってもどうしたらオリジナリティが出せて、自分たちらしくできるのかって具体的なイメージが湧かないですよね。

「こんな感じがいいかな」とか「こういうことをしてみたいかも」という漠然としたイメージはあるけれど、実際どうしたらいいのかよく分からないという方がとても多いんです。

その漠然としたイメージをどうやって実現するのか、どうしたらゲストの方にも喜んでもらえるのかって考えると余計に難しく感じてしまうことも…。

実は、その漠然としたイメージを具現化する=「結婚式のテーマ」を決めることなんです。
テーマは、結婚式全体を統一するためのイメージであり、会場やドレス、装花などの1つ1つを決める基準になります。

結婚式は平均半年〜1年ほどの時間をかけてたくさんの準備をしていきます。
色々な準備をしていくなかで悩んだり迷うこともありますが、そのときの判断基準になるのが「結婚式のテーマ」なんです。

時間とお金をかけて準備をした結婚式が大成功するためにも、「結婚式のテーマ」を決めることはとても大切です。

そして、結婚式ではプランナーとイメージの共有をすることが成功の近道です。
テーマが決まっていれば、新郎新婦・プランナーと3人でイメージを共有しやすくなります。

さらにキーワードやイメージの画像・切り抜きを準備しておくとより同じイメージを共有できますよね。
簡単なもので構わないので、準備してみるのもおすすめです。

▼注目記事
センス抜群!オシャレな2人の「デニム」がテーマの結婚式にChoole(チュールウエディング)が密着!

2.いま人気!「Bohemian」をテーマにした結婚式

「おしゃれな結婚式にしたい!」というカップルに人気のテーマが「Bohemian」。
70年代のラフなスタイルが今の気分にぴったりと、ボヘミアンウエディングの人気が急上昇しています!

「Bohemian」とは、ファッション用語で「民族的な」「ジプシー調」という意味を持っています。
バンダナやミサンガ、ペイズリースカーフなどファッションアイテムとしても人気ですよね。

そんなボヘミアンウエディングですが、堅苦しくなく、開放感のあるカジュアルな雰囲気が人気の理由です。

ラフさやいい意味でのルーズさがあり、ナチュラルなスタイルとなります。
ゲストも新郎新婦もみんなで楽しめる結婚式にできるのがボヘミアンウエディングです。


出典: Choole | Les Quatre Feuilles

ボヘミアンウエディングを実現するには、会場や装花などの空間作りがとても大切です。

通常、チャペルではカーペットのバージンロードが定番ですが、ボヘミアンウエディングでは絨毯やラグをラフに繋げてつくるバージンロードのアイデアもぴったりです。

ポイントは色や柄をあえてバラバラにすることで、ボヘミアンの民族的な雰囲気とラフさが絶妙なバランスでマッチします。

ボヘミアンウエディングでは、会場装花もこだわりのポイントになります。

ドライフラワーやネイティブフラワーをふんだんに使い、ボリューム感のある見せ方が雰囲気を出してくれます。

特に色味がポイントとなり、ナチュラルなベージュ〜ブラウンを中心にポイントカラーもマット系のカラーをチョイスすると全体がまとまります。

つい写真を撮りたくなるようなビッグフラワーでウエディングを盛り上げましょう!


出典: Choole | farver

受付スペースやウェルカムボードにもボヘミアンなテイストを取り入れることができます。

ゲストの一番最初に目に入る場所が受付スペースです。
なので、二人の結婚式のテーマをしっかりと取り入れることで、どんなウエディングになるんだろう?とゲストにワクワク感を与えることができるんです。

ウェルカムスペースでは、テーマを決めたときに用意したイメージ画像をコンセプトにしてみるのもいいでしょう。

例えば、ボヘミアンのキーアイテムであるドリームキャッチャーを飾り付けるのもおすすめです。
ウッドなどの自然素材をベースに、グリーンやフラワー、民族アイテムをアクセントにプラスしてコーディネートしていきましょう。
ゲストが座るテーブルコーディネートにも、ウッドなどのナチュラル素材をメインにコーディネートしていきましょう。

テーブルコーディネートでのポイントは清潔感もしっかり取り入れることです。
食事が提供される場なので、クリーンな印象を与えられるようにグラスやフラワーベースなど透明度の高いアイテムを配置することも忘れずに。

ゲストの方に気持ちよく楽しんでもらうためにも、バランスには気をつけましょう!

招待状や席次表のペーパーアイテムにボヘミアンを取り入れるアイデアとして、フェザーをアクセントに取り入れるのもおすすめです。

ナチュラルカラーのシンプルなペーパーに、フェザーやナチュラルな紐状リボンなどで仕上げればぐっとボヘミアンな雰囲気がかもし出せます。

テーマに合うモチーフを取り入れるのがおすすめです。

2-1.「Bohemian」をドレスに取り入れる方法

結婚式のテーマ「Bohemian」をドレスに取り入れるポイントは、ナチュラルな雰囲気を持ち、軽さを感じるドレスを選ぶことです。

ボヘミアンウエディングは、会場や装花で雰囲気を演出します。
ボヘミアンな空間と色使いやテイストに統一感を持たせ、しっかりマッチするドレス選びが重要です。


出典: Choole | mutin

上の写真は、ランダムに入ったプリーツディテールが新鮮なAラインドレス。

細かなプリーツをアシンメトリーに重ねることで生み出すランダムなデザインが個性を見せてくれます。
シルエット自体はシンプルなAラインなので、印象度の強いデザインでもやりすぎ感はなく、バランスよくまとまります。

身頃はシャープなハートカップで、甘さのないモードでスタイリッシュな印象になります。
スカート部分と同じくプリーツ加工を施した素材を使用し、細かな縦のラインが全身をほっそりと見せてくれる効果もあります。

ウエストにはオフホワイトの細幅サテンリボンを合わせて、全体を引き締めるアクセントとしています。

個性派の一着ですが、シンプルなシルエットにすっきりと見えるバランスなので、決して派手にならずボヘミアンウエディングにしっくりとくるドレスです。


出典:Choole | N_DRESS

上の写真は、まさに「theボヘミアン」な着こなしが叶うスレンダーラインのドレス。

キナリ色のアンティークな印象のシルクサテンを使用し、シンプルなスレンダーラインにデザインした一着です。

ウエストに程よくギャザーを入れ自然に落ちるシルエット、袖口のシャーリングが手首を華奢に見せるなど、細かなディテールにこだわりが詰まっています。

シンプルなデザインと細かなディテールは、シルクサテンという上質な素材だからこそより美しく見せてくれます。

そして胸元と腕周りにはまるでヴィンテージレースのような繊細なレースがあしらわれ、ナチュラルな雰囲気を醸し出します。

ボヘミアンウエディングのテーマにぴったりのドレスは、海外でのフォト撮影や二次会などのパーティシーンにもおすすめです。


出典: Choole | THE KNOT DESIGN

上の写真は、カラフルな刺繍が目を惹くボヘミアンムード満点の個性派Aラインドレス。

目を離せないのが、多色の糸を使用して描かれた民族テイストのフラワー刺繍。
ドレス全体に施された刺繍は、どの角度から見ても楽しんでもらえるデザインに配置されています。

個性的なデザインですが、やわからな薄地チュールを使用しているので、決して重くならずデザインと素材のバランスが完璧な仕上がりとなっています。

そして刺繍に目が行きがちですが、透け感のあるボリュームスリーブにカフスデザイン、さらにはくるみボタンもポイントとしてあしらわれ、シルエットやディテールも細かく丁寧にデザインされています。

会場から感嘆の声が起きること間違いなしの刺繍ドレスは、お色直し用ドレスとしてもおすすめです。

また、ドレスの刺繍に合わせたペーパーアイテムや、同色のフラワーをモチーフとして使用するなど他のアイテムにも取り入れることで一体感を生むアイデアとしてもぴったりです。


出典: Choole | aacero mariage

上の写真は、モードな雰囲気が漂うモノトーンのプリントAラインドレス。

フロッキー加工で描かれたスタイリッシュなフラワーモチーフが、新鮮な印象に見せてくれる一着です。

印象的なプリントを活かすため、デザインやシルエットを極力シンプルに仕上げています。
そんななか小ぶりなトレーンに対してスカートの前丈のみ短く設定し、トゥをさりげなく覗かせるテクニックを取り入れています。

こだわりのウエディングシューズや、ボヘミアンウエディングに合わせたサンダルやブーツなどとコーディネートができるのもこのドレスならでは。

一見難しそうに見えがちなプリントドレスですが、モノトーン配色でシンプルに仕上げられているので意外と着こなしやすいドレスでもあります。

大人のボヘミアンウエディングにおすすめしたいモダンなプリントドレスです。

2-2.「Bohemian」のコーディネート例


出典: Choole | Dress&Hairmake ANJERI

ボヘミアンウエディングのヘアスタイルでポイントとなるのは、ルーズなニュアンスヘアにすることです。

ピシッとまとめたスタイルやアップスタイルではなく、ゆるさのあるウェーブや後れ毛、ルーズな三つ編みなど無造作に見えるようなスタイルがぴったりです。

会場やドレスの雰囲気に合わせたルーズヘアでバランスよく仕上げましょう。


出典: Choole | Core&Coeur

ボヘミアンウエディングにぴったりのヘッドアクセサリーがこちらのベリーの実をモチーフにしたヘッドバンド。

リーフや大小様々なナチュラルモチーフをアレンジし、ボヘミアンな雰囲気にマッチするデザインになっています。

ワイヤーは柔らかく形を変えて使用できるので、カチューシャ風やコーム状にしてもつけることができます。

ヘアスタイルのバランスと合わせて、アレンジをしてみるのもおすすめです。


出典: Choole | Core&Coeur

ボリュームのあるタッセルピアスもボヘミアンウエディングにおすすめのアイテムです。

ワイルドフラワーをモチーフにしたピアスは、ボヘミアンな雰囲気にぴったりです。

左右で異なるアシンメトリーデザインも、気取らずリラックスしたムードのウエディングにしっくりとはまります。

ナチュラルカラーのタッセルは、ウエディングドレスの微妙に異なる色味や肌のトーンも選ばずつけることができるのが嬉しいポイントに。

デザインのあるドレスにさらっとピアスをつける、ゆるさのあるコーディネートにおすすめのアイテムです。

2-3.「Bohemian」を会場装花・ブーケに取り入れる方法

ボヘミアンウエディングを叶えるのに欠かせないのが、会場装花やブーケに使用するフラワー。
「Bohemian」がテーマの結婚式では、会場をコーディネートするフラワーのバランスや色使いが重要なポイントとなります。


出典: Choole | farver

ボヘミアンテイストのテーブル装花におすすめなのは、ビビッドな色をポイントで取り入れたオリエンタルなムードが漂うアレンジです。

民族的な雰囲気が特徴のボヘミアンウエディングですが、テーブル装花は清潔感を意識することが大切。
テーマの雰囲気とバランスがキーになりますね。

ブラックのテーブルクロスにフォルムの異なるグリーンやフラワーを生けたアレンジは、アーティチョークやグズマニアなどの力強さを感じる花材がぴったりです。

インパクトのあるアレンジには、クリーンな印象を与えるクリアカラーのフラワーベースをコーディネートしましょう。


出典: Choole | Les Quatre Feuilles

ボヘミアンなテーマを表現するのに欠かせないアイテムがブーケ。

ビビッドなカラーがポイントのドライフラワー×ネイティブフラワーを束ねた個性派ブーケです。

斬新な色使いでありながら、バランスのとれたブーケは注目を集めること間違いなしです。
ブートニアもセットになっているので、新郎とのコーディネートもばっちり。

ボリュームのあるシルエットなので、スリムなスレンダーやIラインのドレスによく合います。

会場やウェルカムボード、ペーパーアイテムなどに取り入れるキーカラーとリンクさせて、全体の統一感をアップするのがおすすめです。


出典: Choole | Tierra

ボヘミアンムードは取り入れながらも、スタイリッシュな雰囲気を楽しめるのがこちらのブーケ。

カラフルな色合いながらも同系色のニュアンスカラーでまとめているので、落ち着いた印象に見せることができます。

ドレスのデザインや色味を選ばずに持てるのもおすすめのポイント。

ありそうでなかった新鮮なカラフルブーケは、大人のボヘミアンウエディングにぜひ合わせたいブーケです。

3.「Bohemian」が似合うおすすめの結婚式場

気取らず、ラフなスタイルにセンスの良さを感じるボヘミアンウエディング。
おしゃれな新郎新婦から支持される人気のウエディングテーマですが、色使いやムードのあるアイテム使いなど細部へのこだわりが大切になりますね。

ボヘミアンウエディングを実現するには、こだわりの雰囲気やアイデアを取り入れられる会場選びが重要です。

会場の雰囲気や装飾など、センスの問われるバランス感がボヘミアンウエディングではポイントになります。

二人のこだわりを実現できるか、アレンジや希望が叶えられる会場なのかをチェックしましょう。

3-1.LOVE KINGDOM ラブキングダム(東京>お台場、豊洲)

都内随一の規模とオンリーワンの世界観が魅力のWILD MAGIC内のウエディングゾーン、ラブキングダム。

ボヘミアンウエディングに欠かせないテントやガーデンなどのアウトドアウエディングが実現できる会場です。
大型テントやアメリカントレーラー、コンテナなどフォトジェニックな空間が満載で、ゲストにも喜んでもらえること間違いなしです。

ラブキングダムでは、二人のこだわりやアイデアを自由に取り入れることができ、型にとらわれないウエディングスタイルが叶います。

ボヘミアンウエディングの実現で難関なのは、テントやアウトドアといったハード面を叶えられる会場がとても少ないということです。

各アイテムは自由なアレンジが可能でも、会場自体を大きく変えることができない会場が多い中、ラブキングダムでは都内随一のボヘミアンテイストがすぐ実現できます。

海外ウエディングのような非日常な空間でのウエディングに憧れる人におすすめな会場です。


出典: Choole | LOVE KINGDOM


4.まとめ|ラフな雰囲気が魅力の「Bohemian」をテーマにセンス抜群な結婚式を実現しましょう!

「Bohemian」をテーマにアイデアを取り入れる方法やおすすめアイテム・会場を紹介してきました。

気取らずにラフな雰囲気を楽しめるボヘミアンウエディングは、ハイセンスなカップルに人気の結婚式のテーマです。

雰囲気作りが何よりも大切なボヘミアンウエディングですが、キーカラーやモチーフを取り入れながら全体の統一感をポイントに選んでいきましょう。

ボヘミアンウエディングにぴったりのドレス選びや会場選び、アレンジなどこだわりのアイテムでセンス抜群な結婚式を実現しましょう!

ボヘミアンがテーマの結婚式を自由に、おトクに叶えるならChoole(チュールウエディング)!
*スクショを送るとイメージにぴったりな提案がもらえる!
「こんな雰囲気の会場を探してます」「この会場に合うブーケや装花ってどこにお願いすればいい?」「こんなイメージのドレスでおすすめのショップを教えて!」など、あなたの質問や相談にChooleのコンシェルジュが無料でお答えします。方法は簡単。スクリーンショットや写真をLINEで送るだけ!お気軽にどうぞ。
Chooleの「スクショで結婚式相談」ご利用方法

*「LINEで相談」も気軽にご利用ください
Chooleのコンシェルジュは全員、元ウエディングプランナー。結婚式のプロにLINEで相談することができます。お仕事やプライベートの都合などでご来店が難しい方や、海外や遠方にお住まいの方、とりあえず気になることを相談したいという方も、LINEで気軽にご相談ください。
Chooleの「LINEで結婚式相談」ご利用方法

*結婚式の準備はChooleがお得!
Chooleで結婚式場を申し込むと、通常は持ち込み不可のウエディングドレスが持ち込みOK(無料)に!好きなドレスショップから、好きなドレスを選んで持ち込むことができます。しかもドレスのレンタル料金は、ドレスショップと直接契約するからお得!結婚式場を通さないため仲介手数料がかからず、お得にレンタルすることができます。
Chooleの3つのメリットと使い方

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング