結婚式関連情報をお届け|Choole【チュールウエディング】

MENU

【2019/12/19配信】南青山の結婚式場「THINGS Aoyama Organic Garden. dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)」からライブ配信|第38回Choole(チュールウエディング)インスタライブ

Share

持ち込み自由でおトクなWeb式場予約サービス「Choole(チュールウエディング)」。
この記事では、2019年12月19日に配信されたインスタライブの様子をレポートします。

Choole(チュールウエディング)インスタライブ38回目であり、式場訪問企画第三弾でもある今回は、南青山にある結婚式場「THINGS Aoyama Organic Garden. dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)」からライブ配信!
一軒家をまるまる貸切ることが出来る贅沢空間をたっぷりとご紹介いただいたり、視聴者からの質問にお答えいただくことができました。

「Choole(チュールウエディング)のインスタライブ見逃していた!」というプレ花嫁さんはぜひチェックしてくださいね!(文:youki)

THINGS Aoyama Organic Garden. dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)
都心では珍しい、一軒家を丸ごと貸し切って、会場全体を新郎新婦のおふたり好みにアレンジすることが出来る「THINGS Aoyama Organic Garden. dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)。

飾りこまなくてもすでにスタイリッシュな会場の雰囲気は、シンプルがお好みのおふたりにもぴったり!一軒家丸ごと貸切のできる会場なので、お好みのアイテムをたっぷりと持ち込んで、今まで見たことのないハイセンスなオリジナルウエディングも叶うゲストタイプの結婚式場です。

*MC:youki
Choole(チュールウエディング)広報。2017年、東京に開業したばかりの「TRUNK (HOTEL)」で結婚式を挙げた「TRUNK(HOTEL)」 第1号花嫁。結婚式準備を通じて多くの卒花・プレ花とつながり、現在も花嫁コミュニティをぐんぐん広げている。


1.「THINGS Aoyama Organic Garden. dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)」ってどんな結婚式場?

こんにちは!Choole(チュールウエディング)広報のyoukiです。

Choole(チュールウエディング)インスタライブ38回目は、南青山にある結婚式場「THINGS Aoyama Organic Garden. dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)」さんにお邪魔させていただきライブ配信をしました!
THINGS」さんのこだわりウェディングについてはもちろん、お洒落な館内の隅々までたっぷりご紹介いただきました!その様子をダイジェストでレポートいたします♪

まず初めに「THINGS」さんについてご紹介していただきました!

オシャレ花嫁さんに人気が高い「THINGS」さんは、ゲストハウスタイプの結婚式場です。
南青山という高級エリアでは珍しい、一軒家を丸ごと使用した「THINGS」さんは、1階にウェイティングスペース、2階にチャペル、そして地下にバンケットが配置されていて、贅沢にもその一軒家をまるごと貸し切ってこだわりのウェディングを叶えることが出来るんです。

「一軒家を独占貸切することで、おふたりのご自宅が南青山に建った!そこにゲストを呼んでパーティーしている!そんな感覚で利用いただけるんです♪」(THINGS 大谷さん)

まず式場に到着した瞬間目に入るその外観は、まるで海外にいるかのような雰囲気!コンセプトが南カルフォルニアだそうで、外観を彩るヤシの木やサボテンがポイントとなっていました。


もともと「THINGS」さんの語源は“THING”の複数形で、新党新婦の好きなモノ・コトとカタチにしていきましょう!という意味合いだそう。オリジナリティ溢れる結婚式に憧れる花嫁さんには嬉しいテーマですよね!

そして客層はお洒落な新郎新婦さんが多いとのことでした!
「お洒落な結婚式には憧れるけど、アイディアを思いつく自信はないな…」そんなおふたりも多いはず。そこで嬉しいのが「THINGS」さんならではの“ブライダルプランブック”!次はその“ブライダルプランブック”についてご紹介しますね!


2. “ブライダルプランブック”から始まる「こんなの初めて!」なオリジナルウェディング!

過去に「THINGS」さんで結婚式を挙げられた方のお写真を拝見したのですが、同じ会場でのパーティーにも関わらず、バリエーション豊かで様々なタイプのおしゃれ婚を挙げられている方が多く驚きました!

その理由をお聞きすると、「オリジナリティ溢れた結婚式を作る準備の1つとして “ブライダルプランブック”を用意しているんです!」(大谷さん)

出ました!“ブライダルプランブック”!!!
“ブライダルプランブック”とは、おふたりのことをより詳しく知っていくことで様々なプランや演出を提案してくださるサービスのことだそう。結婚式準備を開始するとまず渡されるのがその“ブライダルプランブック”。
そこに新郎新婦のおふたりがどのような生活を送っているのか、どういった趣味があるのか、幼少期からどのように育ってきたかなど、イラストや写真をたくさん使って仕上げることから始まるそう。

全体で10ページに渡る“ブライダルプランブック”のうち新郎新婦のおふたりが頑張るのは4~5ページ。そこに記載した情報を元に、プランナーが2~3週間か、長いと1か月(!)ほどの時間をかけて、おふたりだけのための結婚式のコンセプトやストーリーを考えてくれるそう!


「『THINGSのお客様層=人と被らない結婚式』を希望する方が多いのですが、いざどんな結婚式を挙げるかとなるとイメージがはっきりしていない新郎新婦も少なくないんです。ですので、結婚式へのふんわりとしたイメージを汲み取ったり、これまでの二人の思い出や産まれてから今までのエピソードから、想いをカタチにしたりプランを立てるお手伝いをしています!」(大谷さん)
とっても心強いサービスですね!


3.ここが嬉しい!♩「THINGS」の一軒家貸切ウエディング

一軒家をまるまる貸し切れる「THINGS」さんだからこそ、広くて開放感あふれる独占空間をどのように飾り付けるか、どんな演出をするかなど、楽しみと一緒に不安もちょっぴり増えちゃいそうですよね。
ただ、「THINGS」さんならではの安心ポイントもたくさんお聞きしたのでご紹介します♡

3-1.オシャレな装飾品が使い放題!館内も自由に飾れちゃう!

ウェルカムスペースやテーブルコーディネートなど「どんな装飾品を用意しようか」「経費はいくらくらいかかるかな」などなど悩む方も多いはず。
そんな花嫁さんに嬉しいポイントとなるのが、「THINGS」さんでは、館内のいたるとことに使用している装飾品を全て自由に利用することができるんです♪


お金をかけず、おしゃれな装飾品が使い放題なんて、嬉しい限りですよね!写真のような、木目の額縁もたくさん用意されているそうなので、写真だけおふたりのものにチェンジしたりしても◎
また、館内全体が貸切空間となっているので、写真を沢山貼付けてウォールアートを楽しむことも出来るそう!しかもバンケットだけOK!ということではなく、エントランスから廊下にチャペルまで、他の会場ではオリジナル装飾が叶わない空間も全てアレンジすることができるんです。


貸切でないと、別の新郎新婦さんの披露宴会場の装飾が見えたり他の会場の様子が分かったりしちゃうこともあるんですが、そういったモヤモヤポイントがないのも嬉しいですね。
「全館貸切ウェディングなので、オリジナリティあふれるウェディングをとことん追求いただけますよ!」(大谷さん)

3-2.自由度の高い「THINGS」で叶うこだわりの演出!

「『人と違う、今までに参加した結婚式では見たことないような演出をしたい!』そんな花嫁さんが多い式場なので、いくつか用意されているものから選ぶスタイルではなく、二人のコンセプトに合わせた演出をプランナーから提案しています!」(大谷さん)


オリジナリティ溢れる演出プランまで提案してくれるなんて、とっても安心感がありますよね!
最近人気の演出としては、サングリアを作るサービスやクラフトビールのご用意、サプライズビュッフェだそう。
中でもサプライズビュッフェについては、ご当地のフルーツやデザート、お酒など用意したり、お酒好きのゲストが多い場合にはおしんこビュッフェをした新郎新婦もいたそう。

また、定番のウェディングケーキへの入刀についても、旬のフルーツをたっぷり使ったケーキやショコラのケーキを用意したり、それ以外にも大きなスイカを使用したフルーツ盛り合わせへの入刀や、ピザカット、お肉カットなど様々なタイプのケーキ入刀が楽しめるそうです!

3-3.“五感で感じるフレンチ”について知りたい!

THINGS」さんがお料理のコンセプトにしている“五感で感じるフレンチ”について詳しくお聞きすると、
「幅広い年齢層のゲストに合わせたみんなが美味しくいただけるお料理はもちろんですが、『見た目もしっかりお洒落にしたい!』という新郎新婦も多いので、例えばゲストご自身でリボンをほどいてふわっとした薫りを楽しむことができる!といった、目で見て楽しい・カラクリが楽しい・そして美味しい!そんなお料理も提供しています!」と大谷さん。


また、「THINGS」さんは何度会場へ足を運ぶ機会があってもその度に新しいお料理を楽しめるよう、シーズン毎にメニューをリニューアルされているそう。そして、テーブルコーディネートに合わせてお料理のカラーにこだわったり、10色以上あるナフキンの中から好みのカラーを選んだりと、とにかくセンスの高いこだわりが伝わってきました。


3-4.花嫁さんの気になるポイント“フラワーコーディネート”はどんな感じ?

THINGS」さんではとってもお洒落なお花屋さんをご用意しており、おふたり専属のお花屋さんがデッサンでオーダーシートを作成しながら“フラワーコーディネート”を考案してくださるそう!


高砂やテーブルコーディネートなど会場装飾のお写真も拝見しましたが、グリーンたっぷりのナチュラル系から、パンパスをたっぷり使ってトレンド感を出したスタイルなど、おふたりのパーティーに合わせた“フラワーコーディネート”は千差万別でした!
今の時期であれば、冬ならではのコットンフラワーを使用したふわふわ感あるコーディネートも可愛いですよね。


そして視聴者の方からいただいたご質問にも回答いただきました!
Q:高砂席は、テーブルあり・なしのコーディネートは選べますか?
A:テーブルのありなしはお選びいただけます!また、お席もソファか椅子か選ぶことも出来るので、おふたりのご要望に合わせることが出来ます!(大谷さん)


4.一軒家貸切の叶う「THINGS」を隅から隅までご紹介いただきました♡

一軒家をまるまる使用している「THINGS」さんだからこそ気になる会場施設。バンケットやチャペルをご紹介する前に、エントランスやテラスなど様々な施設をご紹介していきます。

4-1.扉を開いた瞬間からまるで自宅のよう!“エントランス”はどんな雰囲気?

一軒家貸切が魅力の「THINGS」さんは、扉を開いた瞬間から、そこはまるで自宅のようなプライベート空間。そんな扉を開いてすぐ現れる“エントランス”で、まず目に入ってくるのはウェルカムツリー!この背の高いツリーには、クリスマスシーズンであればサンタの靴下を飾ったりする方がいたりと、ここにもオリジナリティをしっかり出すことが出来るそう。

そして気になるのが、“エントランス”で目を引く大きなもこもこウォールタペストリー♡こちらは有名デザイナーさんが作成されたものだそう。白×グレーのハーフ&ハーフになっており、真ん中だけカラーがMIXされているのが特徴で、それには“真ん中だけ色が混じってる=二人が夫婦になる!”というロマンチックな意味が込められているそうです。

他にも、天井を飾る西海岸風のロープ装飾もとってもおしゃれでした。こちらはLAの「エースホテル」をイメージして飾られたロープだそうで、「THINGS」さんの会場はどこをきりとってもインスタジェニックな雰囲気でした!

4-2.入った瞬間から「おしゃれすぎる!」が聞こえてきそうな“ウェイティングスペース”

エントランスから真っすぐ進んだ先にあるのが、“ウェイティングスペース”&“クローク”。目にした瞬間、つい「おしゃれすぎる!」と声をあげてしまいました(笑)

30名までであれば会食も可能だという開放感あふれる“ウェイティングスペース”は、ゆったり座れるフロアソファや足がしっかり伸ばせるタイプのソファがあったりとインテリアのひとつひとつがとってもお洒落◎
その理由は、「THINGS」さんを建築される際、そのタイミングですでにデザイナーが入り会場インテリアもすべてコーディネートされているからだそう!

また、会場名に入った“Organic Garden(オーガニックガーデン)”にちなんで、木調家具にはニスを塗らず、ナチュラルで自然体の木材を使用している徹底っぷり!そのきめ細やかなこだわりがお洒落な空間を作り上げているんですね!

また、「THINGS」さんでは挙式と披露宴の間にウェルカムパーティーの時間をとる新郎新婦が多く、こちらの“ウェイティングスペース”ではそのウェルカムパーティーが行われることもあるそう!
フロア奥には一段上がったステージも設置されているので、フォトスポットを作ってゲストと写真を撮ったり、歓談を楽しんだりとその用途も様々だそうです。

4-3.ゆったりくつろげると評判の“ご家族の待合室”も見せていただきました!

ウェイティングスペースの右に進むと現れるのが“ご家族専用待合室”。
遠方&年配のゲストが多いことを考慮し、椅子ではなくソファでゆったりくつろいでもらえるようにコーディネートされた空間となっておりました。

“ご家族専用待合室”の大きなポイントとなるのがバンケットを見下ろすことのできる設計で、
「当日は親御様も緊張されていることが多いので少しでもリラックスできるよう、新郎新婦の友人はどんな人が来ているのか、会場の雰囲気はどんな感じかなど事前にチェックできるよう、会場を見渡すことのできる作りにしています!」と大谷さん。

親御様やご親族の方への配慮が行き届いた設計、そしてその想いに感動してしまいました。

こちらの“ご家族専用待合室”はもちろん、他のフロアも含め、全体的にイエローの家具が多いところも気になりました。こちらは、ゲストによりリラックスしてもらえるよう木目調の温かみのあるインテリアを多く揃えているそう。

他にも、白熱灯は使用せずリラックス効果の高いオレンジのライトを使用しているそうで、その徹底っぷりに再び感動してしまいました!

4-4.オシャレな外観と“テラス”について

前述でも述べたように、「THINGS」さんの南カルフォルニアをテーマにした、ヤシの木やサボテンがポイントとなった外観はとてもスタイリッシュ◎そんなオシャレな外観について、視聴者の方からご質問をいただきました!

Q: 「THINGS」さんの外観などを使用して前撮りは出来ますか?
A:もちろん可能です!ただし、「THINGS」で挙式をされる方限定となりますのでご了承ください!(大谷さん)

先ほど予約状況をお聞きしたのですが、挙式のスケジュールだけでなく前撮りについてもすでに先の方まで沢山のご予約が入っているそうです!大人気の会場さんですので、是非お早めにChoole(チュールウエディング)を利用してご予約くださいね♪

「『結婚式の予定は決まったけど、会場はどうしよう…』そんな方は、是非悩んでしまう前に一度会場を見に来ていただけると嬉しいです!」(大谷さん)

また、こちらの会場にはテラスもあり、そちらでは挙式と披露宴の間に行うウェルカムパーティーやブーケトス、ゲスト全員と一緒に集合写真を撮ったりすることも出来るそうです!
こちらも、とてもインターナショナル&非日常感あふれる雰囲気なので、お写真を残すにはもってこいのシチュエーションだと思いました。

5.こだわり設計の“バンケット”!

パーティーの要ともいえる“バンケット”。
THINGS」さんのバンケットは、大きな窓の奥に装飾されたグリーンの爽やかさとふわっと明るい雰囲気が最高なんです!

そして驚くことに、こちらのバンケットは地下1階に位置しているというんです!この明るい雰囲気からは想像がつかないですよね。

地下に設計された理由は大きく分けて二つあるそうで、一つ目としては“天候に左右されないつくり”がテーマとのこと。詳しくお聞きすると、「「THINGS」で結婚式をされる新郎新婦は、準備の最初の段階からコンセプトやテーマをしっかりと決めてパーティーの準備に取り掛かる方がとっても多いんです。それに伴い、当日の会場全体の雰囲気をとっても楽しみにしてくださるおふたりもとっても多いので、天候に全く左右されずにパーティーを楽しめるよう地下に設計されているんです。」(大谷さん)とのこと。
確かに、どうしてもお天気問題はついてくるので、当日の天候を気にせず準備ができるのは嬉しいポイントですね!

そして二つ目の理由が“近隣への音漏れを気にしなくていい”ことだそう!
例えば、「学生時代の吹奏楽部の仲間と思い出の曲を演奏したい!」「地元の仲間とバンドを組んで、新郎へサプライズしたい!」「迫力ある掛け声とともに伝統的な御神輿を担ぎたい!」などなど、音のボリュームが気になる演出をされたい方も多いそう。

THINGS」さんの場合、戸建を丸ごと貸し切ることができるので、他の会場への影響を気にせず演出を楽しむことが出来ますし、地下にあることでご近所さんへ音漏れの心配もありません。

今まで参加した結婚式とはひとあじ違うパーティーを考えている花嫁さんには重要なポイントになりそうですね♪
また、地下にあることで外を歩く人などが見えず、非日常な雰囲気にどっぷりつかれちゃうのも素敵だな♡と思いました!

6.キラキラ輝くバージンロード♡光がたっぷり射し込む“チャペル”

さて、最後にご紹介するのが「一番気になる!」そんな花嫁さんも多いのではないでしょうか♡光がたっぷり射し込む、神聖なる “チャペル”をご紹介いたします。

まず“チャペル”のある2階へ上がると目に入ってくるのがウォールモニュメント。高級感あふれる「CHAPEL」と彫られた大理石のプレートを中心として、そこからいくつかの直線が伸びたシンプル且つお洒落なデザイン。
決まったものがモチーフになっている訳ではないそうですが、新郎新婦からは「時計のように見える」という声をいただくことが多く、その時計の指針にも見えるデザインに合わせて“新郎新婦の出会ってから、今”や“産まれてから、今まで”といった時の経過に合わせた写真を貼る方も多いそう。

そんな素敵なお写真を見ながら“チャペル”へ足を踏み入れる流れは、ご両親やご親族、そしてゲストの方々も、新郎新婦を迎える前に気ぐっと気持ちが高まりそうです。

そのモニュメントの次に目に入ってくるのが、重厚感あふれる背の高い、チャペルへつながる“木製の扉”。こちらもウッド素材をひとつひとつ丁寧に繋げた完全なるオーダーメイドのものだそう。

では。その扉を、いざオープン!

THINGS」さんの挙式開場は、全面、サイド、そして天窓からたっぷりの自然光が入る、明るくそして温かみのあるナチュラルな雰囲気!ホワイトを基調とした空間にたっぷり射し込む光が、より洗練された雰囲気を高めていて最高ですね。

細部にはエントランスでも見かけたLA風のロープ装飾とリンクしていたりと、真っ白な会場でもディティールのこなれ感が◎

またバージンロードは、シェルを敷き詰めたキラキラとした輝きが美しいデザイン。挙式の時間帯による光の差し込み方で輝きの雰囲気も変わりそうなので、当日の楽しみと感動がさらに増しそうですね。

「シェルのキラキラ感にドレスのトレーンがとっても映えるので、ゲスト目線でもついつい写真を沢山撮りたくなってしまうと思います!」(大谷さん)

そして「THINGS」さんでは今流行りの人前式を選ぶ方多いそう。「人前式も色んなスタイルがあるから、素敵なアイディアが思いつくか不安…」そんな花嫁さんも安心してください!
こちらの会場では、挙式準備を開始した時にお渡しした“ブライダルプランブック”を基に作成したおふたりだけのコンセプトやストーリーに合わせて、結婚式の内容まで全てプロデュースしてくれるそう!
定番の挙式スタイルではないものを!という方には、このオリジナリティあふれる挙式が出来るのは外せないポイントになりそうです♪

過去の人前式の中には、ゲスト参加型のタペストリー制作を行った新郎新婦もいたそう!受付のタイミングでゲストに一本ずつ紐を通してもらい、挙式の〆のタイミングで新郎新婦がタペストリーを完成させるセレモニーを行ったそう。
それをゲストからの「アイノカタチ」としてお部屋に飾っているそうで、お家に遊びに来てくれたゲストと結婚式の話で盛り上がるキッカケになるそうです♡

他にも、“チャペル”はペットOKだそうで、わんちゃんにリングドックを任せてゲストに大好評だった例もあるそうです!

「都内でペット歓迎の会場は少ないので、わんちゃん好きだったり、ペットも挙式に参加させたい!といった方にはペット演出も叶えることが出来るのでオススメです!」(大谷さん)

7.まとめ│「Choole(チュールウエディング)」を利用すれば、おふたりのこだわりアイテムやひとめぼれドレスだって持ち込める!

最後に、大谷さんから視聴者の方へ向けてコメントをいただきました!

「「THINGS」は、“定番”にとらわれない、決まった“カタチ”のない結婚式場です。“今まで見たことない挙式やパーティーをしたい!”とふわっとしたイメージを、スタッフ総出でひとつの“カタチ”を作り上げていくことができます。結婚式場を決めかねている、どんな結婚式を挙げたいのかイメージがしっかりしていない、そんな方は一度来館していただけると嬉しいです。おふたりに合わせた、おふたりだけのオリジナルプランを、1から作成・ご提案させていただきますので是非遊びにいらっしゃってくださいね♪」(大谷さん)

会場見学やお問い合わせはこちらから!

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング