Choole

MENU

ウエディングドレスの種類って?【エンパイアライン編】

Share

王道スタイルのウエディングドレスとはまた違った、フェミニンで柔らかい雰囲気を作る“エンパイアライン”。
ナチュラルな雰囲気がお好みの花嫁さんにピッタリのドレスです。
今回はそんな“エンパイアライン”をピックアップして、ウエディング小物の合わせ方やおすすめのヘアスタイルも一緒に紹介していきます。 (文:ameri)

1. ナチュラル派のウエディングドレス!“エンパイアライン”って?

王道の“Aライン”や、女性らしさを引き立たせる“マーメイドライン”など、ウエディングドレスの種類とそれが作り出してくれる雰囲気は様々です。

そんな中から今回ご紹介するのは“エンパイアライン”。ナチュラルな結婚式にピッタリのドレスです。

“エンパイアライン”とは、バスト下から足元にかけて流れるさらりとストレートなラインが特徴のスタイルです。

一般的なドレスはウエストラインでの切り替えが主ですが、対して“エンパイアライン”はバスト下のラインに切り替えがくる作りになっています。

ウエストが高い位置にあるため、スタイルアップ効果が期待できます。スレンダーな人が着るとよりスタイルが良く、小柄な人が着ると普段よりも背を高く見せることが可能。

また、ウエストを締め付けないのでマタニティウエディングにも最適なドレスです。

シンプルなラインが特徴で、ナチュラルな雰囲気の花嫁におすすめ。適度に落ち着きがあり、フェミニンな印象を与えてくれます。

年齢を問わず着こなすことができるのも嬉しいポイントです。

素材は、柔らかく透明感のあるオーガンジーを選ぶと、女性らしさや優しい雰囲気を強調することができます。対して、レース素材をチョイスするとセクシーさがアップ。

生地によって雰囲気が異なるので、色々な生地感のものを試着してみましょう。

FioreBiancaのドレス

出典:Choole | FioreBianca

2. “エンパイアライン”のドレスとウエディング小物はこう合わせる!

シンプルでフェミニンな印象の“エンパイアライン”のウエディングドレス。

そんなスタイルには、ロングベールを合わせると、より神秘的・幻想的な雰囲気が出ます。

聖母マリア様が使っていたことからその名がついたと言われている「マリアベール」は、顔まわりをレースで覆う仕様になっており、上品な印象を与えます。

ウエディングドレス自体がナチュラルなデザインのものが多いため、ヘッドアクセサリーで華やかさをプラスするのも良いでしょう。

ブーケは、次の3つのデザインがおすすめ。

楕円形にお花が整えられた「オーバルブーケ」は柔らかな印象を作ってくれるため、“エンパイアライン”のウエディングドレスと良くマッチします。

大ぶりなお花を使うと華やかさがアップ、小ぶりなお花を使うとナチュラルさがアップします。

また、お花をリボンでぎゅっと結び切り口を整えた「クラッチブーケ」もナチュラルな印象を与えるため、“エンパイアライン”のウエディングドレスと相性が良いでしょう。

さらに、フランス語で三日月を表す「クレッセントブーケ」と“エンパイアライン”との組み合わせも素敵にまとまります。

「クレッセントブーケ」はその名の通り、三日月のような左右対称に広がるラインが特徴的で、優雅な印象を与えてくれるブーケです。

正統派とはちょっと違う、個性的なブーケを選びたいあなたにおすすめです。

*ウエディングドレスの種類別!オススメブーケを紹介!

ウエディングドレス

3. “エンパイアライン”のドレスはナチュラルなヘアスタイルとの相性が抜群

ナチュラルな会場にピッタリの“エンパイアライン”のドレス。ヘアスタイルも雰囲気を合わせてまとめたいですよね。

ウエディングドレスのヘアスタイルはアップにすることが多いですが、“エンパイアライン”のドレスを着るならダウンスタイルで、ゆるいウェーブにすることでウエディングドレスとの統一感が出ます。

もしアップスタイルにするならば、少しルーズにしてふんわり感を持たせると◎。

ただし、縛るポイントを高めにしすぎると、ヘアスタイルのみがキュートな印象になってしまうので注意しましょう。バランスをとることが大切です。

w*angeのドレス

出典:Choole | w*ange

4. まとめ|場所を問わず着こなせる、大人のためのウエディングドレス

“エンパイアライン”は王道の“Aライン”や可愛らしい“プリンセスライン”とはまた一味違う、大人な女性の雰囲気を醸し出してくれるウエディングドレス。

優美な印象を作ってくれますよ。

ドレス自体がとてもシンプルなので、アクセサリーひとつで印象が変化するのも魅力です。

“エンパイアライン”は緑いっぱいのガーデンウエディングや、ゲストハウスウエディングといった自由度の高い結婚式のスタイルにピッタリ。

ストレートラインで動きやすいので、レストランなどの小ぶりな会場でも着やすいのがポイントです。

*Chooleのドレスショップを見てみる!

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング