結婚式関連情報をお届け|Choole【チュールウエディング】

MENU

”LA style”の結婚式の作り方!結婚式のテーマをドレスに取り入れる方法とコーディネート例を解説。LA styleにおすすめの会場も!

Share

結婚式の準備が始まり、いざ式場やドレス、装飾を決めるとなるとどんな風に決めていったらよいのか迷ってしまいますよね。
限られた時間のなかでスムーズに進めていくために必要なことは「結婚式のテーマ」。それって何?どうやって決めるの?という方も多いでしょう。

そこでこの記事では今人気のテーマ「LA style」にフォーカスして、ウエディングドレスに取り入れる方法やコーディネート例、「LA style」の結婚式におすすめの会場装花・ブーケ、結婚式場を紹介していきます。(文:立澤菜月)

1.結婚式のテーマって?

結婚式のテーマとは、二人がイメージする「こんな結婚式にしたい!」を具体化していく方法です。
さらにテーマがあることで、結婚式全体に統一感を出せるという大きなメリットもあります。

結婚式当日を迎えるまでにはたくさんのことを決めたり、選んでいくものがあります。
それらは選ぶ時期がバラバラなので、テーマが決まっていないと1つ1つのテイストがちぐはぐになってしまうことも。

例えば、ドレスはシックでクールなスタイルなのに、テーブルクロスはかわいらしいピンク、装花は派手…全体のテイストが異なり、これでは統一感にかけてしまいます。

また、テーマが決まっているとアイテム選びも簡単になります。
ペーパーアイテムやテーブルクロスの色など、細かな部分もテーマに沿って決めることができるので、全体がまとまる上に時間もかからないと良いことづくめなんです。

結婚式の準備では後から変更ができないことも多く、イメージと違ったということが起きるのも防げます。

様々なメリットのある「テーマ決め」、結婚式を成功させるためにもぜひ決めていきましょう!

▼注目記事
プレ花嫁必見!urban resortをテーマにChoole (チュール)を使ったお得な結婚式のプランニング術


出典: MAISON ROSE

2.いま人気!「LA style」をテーマにした結婚式

リラックスした雰囲気に西海岸テイストがおしゃれとSNSでも人気のウエディングテーマが「LA style」。
海がキーワードになるLAスタイルですが、ハワイやグアムなどのビーチリゾートとは一味違うこだわりが詰まっています。

LAスタイルはカラーの使い方が特徴で、ホワイト〜ベージュの柔らかなベーシックカラーに鮮やかな色をカラフルに取り入れます。
ポップでカラフルなコーディネートのLAスタイルは、壁面やテーブルコーディネート、椅子までトータルでカラーコーディネートをしてみるのもいいですね!
さらに、パイナップルやヤシの木などの西海岸を感じるアクセントを取り入れると一気にLAの雰囲気が出せます。

なかなかカラフルな壁やインテリアを使用できる式場が見つからない場合は、ビーチを彷彿とさせるモチーフをカッティングシートで貼り付けたり、大きく印刷して飾り付けるなど色々なアイデアを取り入れてみてください。

ナチュラル系のベーシックカラーを基調とした会場には、テーブルコーディネートで使用するフラワー装飾や会場装花などをカラフルにしてLAスタイルを取り入れてみましょう。
コーラルピンクやイエロー、セージグリーンなどPOPカラーをメインにしたアレンジがおすすめ。

ナチュラルカラーと組み合わせることで、リラックスした西海岸ムードになります。
ウェルカムスペースをLAスタイルにするには、ナチュラルなウッドボードを使用し、周りにビーチや西海岸を彷彿とさせるアイテムを飾りましょう。

カラフルカラーは若々しくフレッシュなLAスタイルに、ベーシックカラーで統一すると大人なLAスタイルになります。

ナチュラルなカラフルさを取り入れるには、フルーツを飾るアイデアもおすすめです。
ウェルカムスペースに飾るのはもちろん、センターテーブルや新郎新婦の高砂周りに飾るのもいいでしょう。
ゲストの方に送る招待状は、一番初めにテーマを演出することができるアイテムです。


出典: Hanaya Fukutaro Wedding

招待状や席次表、食事メニューなど統一感を意識して選んでいきましょう。

ペーパーアイテムにLAスタイルを取り入れるアイデアは、ナチュラルな質感でカラフルな紙を使用することです。
あえて不均衡なサイズや手描きのような書体で、綺麗に整えすぎていないデザインを選ぶのもいいでしょう。
さらに西海岸の空気を出すモチーフを描いたり、葉を一緒に入れたりすることでよりLAスタイルになります。

ウエスタンブーツを着用したフォト撮影や二次会のスタイルもLAスタイルを演出できます。
ブライズメイドの衣装にカラフルなブーケとウエスタンブーツを取り入れるのもぐっと西海岸の雰囲気を感じられるアイデアです。

2-1.「LA style」をドレスに取り入れる方法

結婚式のテーマ「LA style」をドレスに取り入れるポイントは、軽さとリラックス感のあるドレスを選ぶことです。

ウエディングドレスは会場の雰囲気としっかり統一できるものを選ぶことで、テーマを実現することができます。
テーマ、会場、ウエディングドレス全てがしっくりとくるリラックスムード満点なウエディングドレスを選びましょう!


出典: Confetti

上の写真は、軽やかな印象を与えるツーピースのセットアップドレス。
落ち感のあるシンプルなジョーゼットを使用したデザインです。

トップスはミニマルなデザインが特徴で、短めに設定された着丈からチラリとウエストを見せることでスッキリとした着こなしができます。

スカートはギャザーを入れ、ほんのりと広がる細身のフレアラインに。
落ち感のある素材なので、流れるようなシルエットがシンプルながらも美しい表情を見せてくれます。
スカートのベルトが中幅にデザインされ、ウエストがすっきりと見えるポイントになっています。

細部のバランスにこだわったデザインは、女性本来の美しさを引き出してくれる一着です。
リラックスした雰囲気はLAスタイルのウエディングにおすすめ。

カジュアルな結婚式のドレスとしてはもちろん、二次会やパーティにもぴったりです。
新鮮なスタイルはフォト撮影での着用にもうってつけです。


出典: mutin

上の写真は、「ガーリー×モード」が新鮮なオフショルダーのスレンダーラインドレス。

フリルやリボン、チュールにレースと女子度の高いディテールや素材をたっぷりと使用した一着です。
ただ、肩から大きく落としたオフショルダーやコンパクトなスレンダーラインがモードな印象に見せてくれます。

スカートのスレンダーシルエットもウエストからヒップにかけてボディラインに沿い、フリンジの切り替えから自然に広がり落ちるようなデザインになっています。
マーメイドまではいかない細身のシルエットが、他にはないシルエットに。着こなしのしやすさもポイントです。

身頃のデザインにはベースの網目状レース、フリンジレース、シャンテリーレースを使用し、さらにチュールやサテンリボンなど部位に合わせて細かくファブリックデザインがされています。

ビビッドカラーやビタミンカラーと相性がいいドレスなので、POPなカラーリングが楽しめるLAスタイルのウエディングにぴったりのデザインです。
フォトジェニックなドレスは、ウエディング後も印象に残ること間違いなし!
軽やかな個性派ドレスをお探しの方におすすめです。


出典: JUNO

上の写真は、花柄のジャガード素材が華やかなテールカットのドレスです。

ほんのりピンク色を足したようなベージュのカラーがリッチな印象に仕上げてくれます。
大ぶりなフラワー柄が織られたジャガード素材は、しっかりとしたハリと綺麗な光沢が特徴です。肌に馴染みながら素材の良さを存分に楽しめるデザインになっています。

スカートは前が膝丈までの短めに設定され、バックスタイルは小さめのトレーンを描いたテールカットのシルエットに。
足が覗くデザインなので、シューズにこだわったコーディネートができます。LAスタイルならではのスニーカーやウエスタンブーツを履くのもおすすめ。

テーマに沿ったスタイリングができるのはテールカットのドレスだからこそです。

目を引く印象的なスカートには、シンプルな身頃のデザインが重要で、タックディテールのハートカップは、シンプルながらジャガードの素材を活かして立体感のある仕上がりに。
個性が強そうに思いがちですが、コーディネートの幅が広がるデザインはLAスタイルにぴったりです。


出典: aacero mariage

上の写真は、トレンド感のあるボリュームスリーブが新しいIラインのミニドレス。

肘下まで長さのあるボリュームスリーブは、繊細なシルクの生地を幾重にも重ねて作られたこだわりのデザインです。
寂しくなりがちなショート丈のミニドレスも、これだけたっぷりと分量のあるスリーブデザインなら、華やかに着こなすことができます。

ボリュームのある袖にタイトなドレスのシルエットを合わせ、抜群のバランスです。
シンプルなボートネックとIラインは、袖のデザインを活かしながらミニマルでモードな印象に見せてくれます。

バックスタイルにはくるみボタンが連なるようにデザインされ、縦のラインを意識したスタイルアップ効果も。
ミニ丈のドレスもシューズを大胆に見せることができるので、様々なコーディネートを楽しめますね。

LAスタイルのガーデンウエディングやパーティ、二次会におすすめのドレスです。

2-2.「LA style」のコーディネート例


出典: Bride & Groom

LAスタイルのウエディングにおすすめのヘアスタイルは、ルーズにまとめたロースタイルです。かっちりまとめすぎずに、ルーズにまとめるのがポイント。
カールはあまりつけず、外国人のようなナチュラルなウェーブをざっくりとまとめたようなヘアがLAスタイルにはよく合います。

テーマカラーやモチーフをヘッドアクセサリーとして取り入れるのもおすすめです。


出典: Core&Coeur

ルーズにまとめたヘアに、フラワーピンを合わせるとLAスタイルのムードにぴったり。

オフホワイトにペイントされたデイジーモチーフのピン仕様のヘッドアイテムは、ウエディングにとてもよく合うデザインです。
ボリュームがしっかりとあるデザインなので、3本挿すだけでも全体にアクセントを与えてくれます。

ヴィンテージ感とナチュラル感がMIXされたデザインは、LAスタイルなヘッドアクセサリーです。


出典: Core&Coeur

LAスタイルにおすすめのアクセサリーが、大ぶりのフープデザインにカラフルな植物モチーフをデザインしたアシンメトリーピアスです。
ネックレスはつけずに、大ぶりのピアスとヘッドアクセサリーのコーディネートが、リラックスしたLAスタイルの雰囲気によく合います。
特にネックの詰まっているドレスには印象的なピアスを合わせるのがおすすめ。

2-3.「LA style」を会場装花・ブーケに取り入れる方法

結婚式で欠かせないのは、会場装花やブーケに使用するフラワー。
「LAスタイル」がテーマのウエディングでは、会場をコーディネートする花材とカラフルな色使いのフラワーアレンジがポイントになります。


出典: UNDER THE TREE

まるで新鮮なフルーツをもぎ取ってきたかのような、果実をメインにしたフラワーアレンジのゲストテーブルです。

リンゴやブドウ、アーティチョークに様々なグリーンとフラワーをMIXしたアレンジです。
一見テイストが異なる種類ですが、グリーンを多用しているので、全体のカラーがしっかりとまとまっています。
多色使いは難しいコーディネートですが、どんな色とも相性の良いグリーンで包んであげることでしっかりとまとまります。

LAスタイルならではのカラフルさと印象的な花材チョイスは、ゲストの印象にも濃く残ります。
ゲストテーブルは食事をする場ですので、果実を取り入れたアレンジはクリーンな印象で好まれます。


出典: beek flowers

ウエディングに欠かせないLAスタイルにおすすめのブーケは、カラフルな花材をまとめたクラッチブーケです。
様々な色を取り入れたカラフルなブーケですが、生花本来のもつナチュラルなカラーが自然とまとまった印象になります。

シルエットは綺麗なラウンドに束ねたものではなく、摘んできた花材をそのまま束ねたようなクラッチシルエットがおすすめ。
作り込みすぎない、リラックス感のあるブーケがLAスタイルにおすすめです。

3.「LA style」が似合うおすすめの結婚式場

開放的な空間にリラックスしたムードの「LA style」。
海外ウェディングのように気取らないスタイルが、おしゃれな新郎新婦から支持されている人気のテーマです。

ウエディングテーマの実現には、「式場・ウエディングドレス・装花」3つのバランスが取れているか、テーマがブレていないかがポイントになります。

特にLAスタイルを実現するには式場選びがとても大切です。
それは、西海岸の空気を醸し出すためには、会場のコンセプトやリゾート感のあるインテリアなどハード面で重要視すべき点が多くあるからです。

LAスタイルのイメージにぴったりのコンセプトを持ったおすすめ会場をご紹介します。

3-1.THE BEACH(神奈川>みなとみらい、桜木町、山手、山下町、関内)

アメリカ西海岸のビーチハウスをモチーフにしたウエディングステージのザ ビーチ

ザ ビーチは、LAスタイルのウエディングのために存在するかのような、西海岸リゾートのムード満載な式場です。
1,000坪の広大な敷地を完全貸切でき、会員制のリゾートホテルにいるような気分が味わえます。

挙式スペースは3つあり、どんなイメージにしたいか二人のスタイルに合わせて選べます。
螺旋階段から登場する室内のインサイドセレモニースペース、ホワイトサンドとプールを配したビーチガーデン、シンボルツリーが並ぶグリーンガーデンと、どちらの会場も海外映画に出てくるような非日常ウェディングを実現することができます。

挙式後の披露宴スペースは全面ガラス張りで光の差し込むリラックスした会場です。
会場装花やテーブルコーディネートなど、LAスタイルを得意としたスタッフによるアレンジはイメージ通りのウェディングを実現できます。

どの場所も西海岸のLAムードが溢れているので、つい写真を撮りたくなるような式場です。日本にいながらリゾートウエディングを実現するには、他にはない空間です。

LAのイメージそのままに結婚式の実現ができる式場としておすすめです。

THE BEACH

出典: THE BEACH

3-2. CAFE&WEDDING22(東京>池袋、新宿、東京その他)

会費制の結婚式・1.5次会のために作られた会場が、カフェ&ウエディング22

ウエディングプランナーがプロデュースしたデザイナーズカフェで、専属のウエディングチームが新郎新婦を徹底サポートしてくれるアットホームな会場です。

普段はカフェを営業しているため、会場そのものがおしゃれな空間です。
さらに、持ち込みに制限がないので、テーマに合わせたアレンジがいくらでもできるのが嬉しいポイント。
グリーンいっぱいのナチュラル感のあるLAスタイルにも、海を感じるリゾートなLAスタイルにも、思い通りの空間を作ることができます。

また、持ち込み自由なのでリーズナブルに思い通りの空間を作ることも可能です。
「こんなスタイルにしたい」としっかりイメージのある二人には最高の条件ですよね。

カジュアルなウエディングはもちろん、親族だけで海外ウエディングを行なった後の帰国後パーティなどにもおすすめです。

CAFE&WEDDING22

出典: CAFE&WEDDING22

4.まとめ|おしゃれな「LA style」でゲストに喜ばれるリラックス・ウエディングを実現しましょう!

おしゃれなウエディングテーマとして人気の「LA style」を結婚式に取り入れる方法や、テーマにぴったりのアイテムや式場を紹介してきました!

海外ウエディングのようなスタイルとしておしゃれな新郎新婦から支持されるLAスタイルですが、ただおしゃれなだけではなく、ゲストも楽しめる空間づくりやリラックスしたスタイルは全員が喜べるウエディングです。

テーマに沿ったこだわりのカラーやモチーフを決め、式場・ウエディングドレス・会場装花と全体をしっかりと結びつけ、イメージ通りの結婚式を実現しましょう!

「Choole(チュールウエディング)」では結婚式に関する質問やお悩みも相談できるサービスも行なっています!
加えて、LINEで「こんな結婚式にしたいな」と考えている画像を送るだけで、理想の会場探しができるサービスも行なっていますので、ぜひチェックしてみてください♪
Chooleの「LINEで結婚式相談」ご利用方法

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング