Choole

MENU

ウエディングドレスの持ち込み。注意点は?段取りや持ち込み料も!

Share

ウエディングドレスにとことんこだわりたい花嫁は、結婚式場の提携ショップだけではなく、他のドレスショップも巡ってみたいはず。
でも、結婚式場の提携ショップ以外でドレスを選ぶということは、その結婚式場へドレスを持ち込むということ。
今回は、ウエディングドレスを結婚式場に持ち込む際の注意点、そして気になる流れをご紹介します。 (文:ameri)

1. 結婚式場が持ち込みOKかどうかの確認はマスト

まず知りたいのは、結婚式場が持ち込み可能かどうか。式場によっては持ち込みNGのところもあるため、必ず契約前に確認を。

確認せずに結婚式場と契約し、ウエディングドレスも選んだあとに持ち込めないことが発覚したら、結婚式までの貴重な時間がもったいないですよね。式場側とのトラブルを回避するためにも、持ち込みがOKかどうかをチェックしておくことをおすすめします。

持ち込み可能の場合、必ず次の2点を式場側に確認してください。

①持ち込み料の有無と金額
式場が指定したドレスショップ以外からドレスをレンタルまたは購入する場合、ドレス1点につき式場が設定している持ち込み料を請求されることがあります。

持ち込み料には、式場が提携ショップから通常得られるキックバック分の補填と、持ち込んだドレスを保管するための手間料が含まれています。持ち込み料がかからない式場も増えてきてはいますが、かかる場合は金額を確認しておきましょう。

また、式場側と上手く交渉するのもおすすめ。ドレスを持ち込む代わりに別のオプションをつけるなど、式場側にもメリットがあるような交渉をすると持ち込み料を安く抑えることも可能です。

結婚式のプランナーとの相談

②持ち込む際の段取り
持ち込んだドレスは、会場によって保管のルールが異なります。どこで預かってもらえるのか?ドレスの搬入・搬出の手順は?着付け室とスタッフが利用できるかどうか?など、ドレスを持ち込む際の段取りも併せて確認しておきましょう。

ドレスだけ別に確保している

2. ドレスショップからドレスを持ち込む際の段取り

持ち込みがOKであれば、気になるドレスショップに足を運んで納得のいくまでウエディングドレス選びをしましょう!また、ドレスショップ側と式場側、両方への連絡をこまめにしておくと安心ですよ。

①ドレスショップへ行く前に、結婚式場の情報を整理しよう
ドレスショップのスタイリストさんは、あなたが挙式予定のチャペルや披露宴会場の雰囲気、規模感を詳しく知らない可能性があります。チャペルや披露宴会場の写真とともに、バージンロードの長さや天井高などのスペック情報を整理して、ショップのスタイリストさんに伝えると良いですよ。

②納得がいくまでドレス選びを!
一緒にドレスショップに行く相手は、親御さんや姉妹など、似合う・似合わないをはっきり言ってくれる同性がベター。1人で行く場合は、プロのスタイリストさんのアドバイスを参考にしましょう。

③持ち込みに際しての必要事項を伝える
ウエディングドレスが決まったら、スタイリストさんに持ち込みに際しての必要事項(ドレスの搬入・搬出の手順や式場の担当者など)を伝えます。

結婚式の前日にウエディングドレスを式場へ届けてくれるショップがほとんどですが、ショップによっては違うこともあるため要確認です。稀に搬入・搬出を自分でしなければならない場合があるため、必ず事前に確認しておきましょう。

④結婚式場の担当プランナーさんと情報共有をする
式場側が、提携外のドレスショップとこまめに連絡をとってくれる可能性は低め。持ち込みドレスに関しては、どんなドレスなのかプランナーさんに知らせておくと安心ですよ。その際、着付け時の注意や希望があれば必ず伝えておきます。

♦ウエディングドレスの選び方を詳しくチェック

ウエディングプランナーとのオンラインでの相談

3. ドレスを自分で持ち込む!知っておきたい段取り

ドレスを自分でドレスを搬入・搬出しなければならない場合は、どのような段取りになるのでしょうか。次の3点を確認しておきましょう。

①ドレスショップと結婚式場に日時の確認
ドレスショップから搬出しそのまま式場へと搬入できるのか、一度家に持ち帰る必要があるのか、結婚式場はどの期間保管しておいてもらえるか、搬入・搬出の日時を確認します。伝え漏れがないよう、メールなど文書で残しておくと安心です。

ウエディングプランナーに確認する女性

②搬入・搬出の手配をしておく
自分たちで搬入・搬出をする場合には車が必要です。車がなければレンタカーの手配、免許を持っていない場合は宅配便など、持ち運び手段をしっかり準備しておきましょう。

③衣装に汚れがないか、小物の忘れ物がないかをチェック
搬入する前には、衣装に汚れ等がないかをチェックしておきましょう。前撮りや海外挙式で一度着用している場合は、より念入りに確認しておきます。また、小物やブライダルインナーなど、ドレスと合わせる小物類の忘れ物がないかもチェック。リストを作成しておくと安心ですよ。

結婚式のプランニング

4. まとめ | ウエディングドレスの持ち込み料は会場によりけり

ドレスの持ち込み料の相場は、ドレス1着につき3〜10万円、タキシード1着につき1〜3万円程度。自分が着るドレスを持ち込むだけで費用がかかってしまうのが納得できない方は、持ち込み料がゼロの結婚式場を探すのも手です。

Chooleで取り扱っている結婚式場では持ち込み料がかかりません。Chooleで選んだウエディングドレスを着用してChooleで探せる結婚式場で結婚式を挙げれば、ドレスにこだわることができる上に、お得に済ませることが可能ですよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

♦Chooleで結婚式場を詳しく見る!

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング