Choole

MENU

結婚式の乾杯挨拶、どうするのがスマート?【例文・シミュレーション付き】

Share

結婚式・披露宴の幕開けという大切なシーンを担う「乾杯挨拶」。最近は二人の上司だけでなく、友人にお願いする場合もあり、今や誰もがお願いされる可能性があるのが結婚式の乾杯役です。
この記事では、乾杯の2つのパターンとポイントを挙げ、乾杯の流れ・基本構成・注意点を解説。例文を参考にシミュレーションをして、素敵な披露宴のスタートを叶えてくださいね。(文:まゆ)

1. 結婚式における乾杯の意味

そもそも、乾杯にはどんな役割があるのでしょうか。

結婚式では当たり前とされる、シャンパンでの乾杯。実は、いろいろな意味が込められています。せっかくなので、意味を理解した上で臨みたいもの。早速ご紹介していきます。

フランスのシャンパーニュ地方では、シャンパンの泡に「幸せ」という意味があると言われています。グラスの底から次々に立ちのぼるシャンパンの泡には、「これから絶え間ない幸せが二人に訪れますように」との願いが込められているとか。

また、泡が弾ける音は「天使の拍手」と言われることも。こうして、シャンパンは結婚式などのお祝い事に欠かせないお酒となりました。

そして、グラスを合わせることにも意味があります。花嫁のブーケやベール同様、グラスを合わせる音も二人にとっての「魔除け」になると言われています。

このように、たくさんの願いが込められた「乾杯」。当日はしっかりと役をこなして、たくさんのグラスの音を響き渡らせたいものですね。

シャンパン

2. 乾杯の2つのパターンとポイント

乾杯には、主に2つのパターンがあります。まず1つ目は、主賓祝辞と乾杯を一人で行う場合。2つ目は、主賓祝辞と乾杯を別の人が行う場合です。

①主賓祝辞と乾杯を一人で行う場合
新婦側の上司が参列しない結婚式に多いのがこのパターンです。そういった場合、新郎側の上司に祝辞から乾杯まで通しでお願いすることがあります。このパターンでは、「祝辞」と「乾杯」の2つをこなす中で、いかに間延びした印象を与えないかがポイント。

基本姿勢は、「祝辞はしっかり・乾杯に移ってからは手短に」。乾杯のシーンに移るタイミングでは、新郎新婦を始め、ゲスト全員がシャンパングラスを持って起立するからです。

祝辞を終えて乾杯に移ったら、だらだらと話すことは避けましょう。グラスを持って起立した後の時間を短くすることで、ゲストにもスマートな印象を与えることができます。

②主賓祝辞と乾杯を別の人が行う場合
新郎新婦のゲストで、立てたい主賓が2人以上いる場合にこのパターンが多く見られます。ここでは、乾杯のみ担当する人向けにポイントをご説明します。

先にも述べた通り、祝辞はある程度時間をかけるのが一般的ですが、「乾杯は手短に」がセオリー。しっかりとした祝辞を聞いた後、ゲストは内心「早く食事歓談がしたい」と思っているもの。

かといって、祝辞と乾杯、それぞれが独立しているだけに内容が薄過ぎるのも避けたいところ。実は、そんな絶妙な濃度の挨拶が求められている点で、このパターンはとても難しいと言えます。

シャンパンの泡が消えてしまわないうちに、短時間で凝縮した内容の挨拶を目指しましょう。

乾杯

3. 乾杯の流れ

では、乾杯の始まりから終わりまでの流れをシミュレーションして見ましょう。

①司会者からの紹介を受けて起立し、その場で左右・後方のゲストへ軽く一礼

②式場スタッフの誘導に従って、マイク前へ
 スタッフがマイクの高さを調整してくれるので、終わるまで待機します

③新郎新婦に一礼、 次にゲストに一礼し、挨拶スタート

④乾杯

⑤拍手が鳴り、司会からの「おめでとうございます!」のアナウンスのタイミングで一礼し、自席へと戻ります

乾杯挨拶

4. 挨拶の基本構成

乾杯の挨拶の内容にも、実は基本構成があります。主に以下の項目と順番が一般的であり、ゲストにとっても聞きやすい構成です。新婦上司が乾杯挨拶をするケースを挙げて、例文とともにチェックしていきましょう。

①二人・両家への挨拶
「本日はお招き頂き、ありがとうございます。○○君、△△さん、ならびにご両家のご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。」

②自己紹介
二人との関係を簡潔に述べるとともに、ゲストにも配慮の一言を添えると好印象です。

「ただ今ご紹介に預かりました新婦△△さんの上司、●●と申します。多くご列席者の方がいらっしゃる中、若輩者で大変恐縮ではございますが、乾杯の音頭を取らせて頂きます。」

③エピソード
二人との出会い、人柄と長所が伝わるエピソードを、関係性に応じて盛り込みましょう。

「△△さんは、3年前に私の部署へ配属となりました。当社の中でも大変多忙な部署でありながら、パワフルに仕事をこなし、何事にも率先して手を挙げる姿が印象的でした。今では当社一の重要顧客を担当するまでに成長され、当社にとって欠かせない存在になっております。△△さんは社内のみならず、取引先にもファンがいるほど、人を思いやる姿勢に優れた方です。そんな△△さんの愛情をいっぱいに受けられる○○君は、本当に幸せ者だと思っております。」

④二人へのはなむけの言葉
これからの二人の幸せを願う言葉を添えましょう。

「○○君、△△さん。今日この日の気持ちをいつまでも忘れずに、温かく笑顔の絶えない家庭を築いて下さいね!」

⑤乾杯
「それでは、新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方のご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、皆様ご唱和をお願いいたします。乾杯!」

乾杯挨拶

5. 乾杯時の注意点

乾杯はやはり、全員の掛け声が揃うのがベストですよね。意図していなかったタイミングで急に「乾杯!」と言われ、ゲストがパラパラとそれに続く…なんて事態は避けたいものです。

注意点としては、掛け声が揃うようにわかりやすく「前置き」をすること。全員にタイミングがわかるよう、「それでは皆様、ご唱和お願い致します」などの前置きをしてから乾杯を促すとスムーズです。また、「乾杯!」は恥ずかしがらず、大きな声でゲスト全員を盛り上げましょう。

祝辞と乾杯を一人で行う場合に注意が必要なのが、祝辞〜乾杯のスタートまでは新郎新婦とゲストに着席を促すこと。祝辞の際には、新郎新婦と両家両親は起立してあなたに敬意を示します。祝辞のスピーチに入る前に、「どうぞ、ご着席ください」と声をかけましょう。

祝辞が終わり乾杯に移るタイミングで「それでは皆様、乾杯のご唱和をお願い致します。 」と言えば、司会から「皆様グラスをお持ちいただき、ご起立をお願い致します」とアナウンスが入り、スタッフがグラスを手渡してくれます。全員がグラスを片手に起立したのを見届けてから、乾杯の発声を行いましょう。

乾杯だけを担当する場合は、各項目にかける時間を短くしましょう。一般的に時間は、1~2分ほどがよしとされています。3分にもなると、間延びした印象になるので注意しましょう。

乾杯挨拶

6. まとめ | 事前のシミュレーションで当日はスマートな乾杯を

ご紹介した乾杯挨拶の流れに沿って事前にシミュレーションしておくと、結婚式当日は落ち着いてスマートに振る舞うことができるはず!当日までは緊張するかもしれませんが、二人はあなたが適役だと思って声をかけたのです。自信を持って臨んでください。

結婚式当日を楽しみにしている二人のためにも、しっかり準備して素敵な披露宴のスタートを叶えて下さいね。

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング