結婚式関連情報をお届け|Choole【チュールウエディング】

MENU

結婚式準備の段取りや流れって?一般的な場合とChooleの場合を比較!

Share

気になる結婚式当日を迎えるまでの流れ。実際にその時になってみないとわからないのは不安ですよね。今回は一般的な結婚式準備の流れと、Chooleを利用したときの流れを比較。Chooleの魅力も一緒にお伝えします。 (文:ameri)

1. 一般的な結婚式準備。式場探しから準備の流れまで

一般的な結婚式準備はまず、結婚式場を探すところから始まります。ブライダルフェアや結婚式場相談カウンターに行き会場を絞ったあと、見学をして見積もりを出してもらい決定するのが通常の流れ。

何度かブライダルフェアや結婚式場相談カウンターに行って、理想の結婚式場と日取りを決めたら、時期を見て結婚式の内容や詳細を決めていきます。

結婚式の準備

結婚式の準備は一般的に、次のように進んでいきます。

《一般的な結婚式準備の流れ》

♠挙式の10ヶ月前〜半年前
結婚式場との打ち合わせが始まるよりも前、挙式当日から半年前くらいまでにはウエディングドレスを決定します。装花やブーケ、テーブルクロスや空間装飾は、ウエディングドレスが引き立つように選んでいくので、ウエディングドレスは早めに決めるようにしましょう。

♠挙式の3〜4ヶ月前
結婚式場との打ち合わせは、基本的に挙式の3〜4カ月前から始まり、打ち合わせの回数は一般的に3〜5回。初回の打ち合わせでは、招待状の内容とデザイン、今後のスケジュールを決定します。

♠挙式の2ヶ月前
挙式2ヶ月前には招待状の発送等を行ないます。また、装花やテーブルクロス、写真、ムービー、料理やドリンクの内容、ウエディングケーキのデザイン、引き出物の内容などについても具体的に決めていきます。

♠挙式の1ヶ月前
挙式の1ヶ月前には、選定したアイテムと招待客の人数の確認、司会者と披露宴についての打ち合わせを行ないます。料理や引き出物の数も、招待客の人数が分かるこのあたりで決定します。ウエディングドレスと合わせる小物は、ドレスと一緒のタイミングではなく、挙式1ヶ月前までくらいに決めることが多いです。親族衣装のレンタルも1ヶ月前までには済ませておきます。

♠挙式の2〜3週間前
挙式2〜3週間前には、最終打ち合わせと最終フィッティングを行ないます。エステやジムに通う場合は、この最終フィッティングまでに納得のいく体を作っておくといいでしょう。

このように結婚式の準備は、段階を踏んで結婚式場とやりとりしながら、多くのウエディングアイテムを選んでいきます。

ウエディングチェックリスト

2. そのウエディングアイテム、本当に好きなモノ?

ウエディングドレスを始め、会場装飾に必要な装花や映像演出など、結婚式は多くのウエディングアイテムによって作り上げられます。

他にも、理想の花嫁姿を作ってくれるヘアメイクや、当日のスナップ写真を撮るフォトグラファー、大切な1日を映像と音声で記録に残すビデオグラファーも、結婚式に必要という意味で“ウエディングアイテム”と言えるでしょう。

1つずつ吟味して、本当に好きなアイテムばかりを選びたいですよね。実は、これらのウエディングアイテムは自由に選べないことが多いです。というのも一般的な結婚式準備では、ウエディングドレスや装花、ヘアメイクや写真・ビデオは、結婚式場が提携しているショップや会社でしか選べないからです。

ドレスやヘアメイク、写真・ビデオにこだわる花嫁さんは多いので、式場の提携先の中だけでは理想のアイテムに出会うことができない、ということもじゅうぶんに考えられます。

ところが、自分で探して持ち込む場合には持ち込み料がかかりますし、そもそも持ち込みがNGだという結婚式場も少なくはありません。

ウエディングアイテム

3. Chooleを利用した結婚式準備の流れとは?

Chooleを利用して結婚式準備をすると、ウエディングドレスや装花など、ウエディングアイテムを自由に選ぶことができます。

さらに、その選んだアイテムが持ち込める結婚式場もChooleで探せるので、持ち込み料も発生せず、理想のアイテムを“適正な価格”で手に入れることが可能です。

なぜ適正な価格で手に入れることができるのかというと、Chooleでは、ドレスショップやフローリスト、フォトグラファーなどのショップ&クリエイターと、ダイレクトに契約を結ぶことができるから。

Choole以外の場合、結婚式場が紹介してくれるショップ&クリエイターを選ぶわけですが、その際には紹介料や手数料が費用に含まれるため、ダイレクトに契約するより割高になるのです。

結婚式場に提携ショップ以外のドレスを持ち込んだら、持ち込み料が請求される…とよく言われるのは、上記の提携システムの影響もありますが、それは仕方のないこと。

そのため、ある程度は妥協して式場の提携ショップから選ぶ花嫁も多くいました。ですが、一生に一度の結婚式、本当に好きなものを選びたいですよね。

Chooleは、好きなウエディングアイテムをオンライン上で選んでショップ&クリエイターとダイレクトに契約を結び、持ち込みOK&無料の結婚式場を探すサービスです。

一般的な結婚式準備の流れとは違い、Chooleでは式場もアイテムも、どんな順番で選んでも◎。すぐに見積もりが出来るので、最終見積もりまで費用がわからないという不安感もありません。

Choole

出典:Choole

4. まとめ

結婚式場からウエディングアイテムまでChooleで全て選んでもよし。自分たちで探してみて、必要に応じてChooleのサービスを使うのも手です。

また、Chooleではオンラインプランナーが新郎新婦からの相談に対応しています。困ったことや知りたいことなど、いつでも相談できるのが安心ですね。

Chooleを上手に活用して、好きなものだけを詰め込んだ結婚式を挙げましょう!

♦Chooleで結婚式場とアイテムを探してみる

SPECIALスペシャルクーポン

お得なクーポン!条件クリアでドレスが最大50%OFF

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング