Choole

MENU

卒花ayakaさんのリアル結婚式レポート【前編】結婚式の準備

Share

こんにちは!2017年4月にホテルインターコンチネンタル東京ベイで結婚式を挙げたayakaです。
プレ花嫁の皆さん、準備はいろいろとはかどっていますか?今回は私のウェディングについてこだわったことや準備のあれこれ、良かったことや後悔していることなどをご紹介していこうと思います。
かなり細かく書いているので、きっとプレ花嫁の皆さんのご参考になるのではないかな?と思います。(文:aya)

1.式場と選んだポイントって?

式場を決めたのは入籍してすぐ、結婚式の1年程前にホテルインターコンチネンタル東京ベイに決めました。
まずは結婚情報誌を見て情報収集しようとしたんですが、情報誌のあまりの分厚さに驚愕し、全然見る気になれず…。プロに私たちに合う式場を見つけてもらおうということになり、結婚式場相談カウンターへ行きました。
そこで希望や条件をお話し、いくつか式場をピックアップしてもらったうちのひとつがホテルインターコンチネンタル東京ベイです。

私たちが式場を決めた条件として、
・遠方ゲストが半数以上のため、飛行機でも新幹線でもアクセスが良いこと
・そのまま宿泊できること
・東京に来た!と思えるような景色が見えること
・なるべく外資系ホテル

以上のことを条件に式場を探しました。その中でもなぜホテルインターコンチネンタル東京ベイにしたのかというと、ホテルの内装や雰囲気が好みだったから。
ホテルのラグジュアリーな雰囲気やインテリアがとっても好きだったんです!
後から知ったんですが、私の両親もインターコンチネンタルの系列ホテルが大好きらしく、ここに決めて良かったなぁと改めて思いました。

2.結婚式のこだわり3ポイント

私が結婚式にこだわったのはこの3点です。
①テーマの統一
②ヘアチェンジのサプライズ
③来てくださったゲストの皆さんへのおもてなし

2-1. テーマの統一

結婚式のテーマ(カラーや会場の雰囲気)を統一させることには、かなりの神経を使いました。
結婚式は“上品”であり“luxury”な雰囲気のホテルウェディングにすると2人で決めていたので、テーマカラーや使う花材、装飾も式場を契約したときからしっかり決めていました。

招待状からペーパーアイテム、装花やテーブルコーディネート等全てに関してテーマがしっかり守られているか細かく確認しました。
そのお陰で、私たちの中では統一感のとれた上品で“luxury”なウェディングをつくることができたのではないかと思います。

2-2. ヘアチェンジのサプライズ

次にこだわったことといえばヘアチェンジのサプライズ。実は小さい頃からずっとロングヘアをキープしていたのですが、結婚式が終わったら髪をバッサリ切ろうと思っていたんです。
ハネムーン先のハワイでは絶対に短い髪で後撮りをしたいと考えていたんですが、結婚式の翌日はハネムーンに行くし、時間的に余裕が無く・・・。

そんな時に主人が、「結婚式の前に切っておいて、当日はウィッグを使ってサプライズにしたら?」とアドバイスをくれて。
そのアドバイスどおりに、挙式と披露宴の前半はウィッグでロングヘアでのスタイリングを、お色直しからは50センチ程カットされたボブヘアでお願いしました。

ゲストの方々や両親もかなり驚いてくれて、大成功でした!この日のために結婚式休暇を早めに取り、美容院やヘアメイクさんといろいろ調整をとった甲斐がありました。

2-3. 来てくださったゲストの皆さんへのおもてなし

そして私たちが1番こだわったのは、「ゲストの皆さんへのおもてなし」です。
全国各地から沢山のゲストが私たちのために来てくださったので、とにかくゆっくりと落ち着ける、楽しんでもらえる場にしたいと考えていました。

ですので、ゲストの負担になりがちな余興や二次会の幹事等はお願いせず、私たちが皆さんをもてなせるような構成をつくりました。
そのお陰で、ゲストの人数が多くてもゆっくりと話せる時間が取れたので、とても良かったと思っています。

3.いつぐらいからどんな準備をしていたの?

式場を契約してからはまずInstagramで情報収集を行いました。何がいつまでに必要なのか、どんな準備をしておけばいいのか、プランナーさんが決まるまでにできることはないのか、何から何までよく分かっていなかったので、Instagramが頼りでした。

式場の契約と同じくらい(1年程前)からドレス選び、7カ月前くらいにはヘッドドレスやアクセサリー探しを始め、半年前くらいにはプランナーさんが決まるので、すぐに招待状の用意をしました。プランナーさんが決まるまでに大体のゲストの人数も決めていました。

招待状発送をしてからは結婚式の1カ月前までに、小物合わせ・ヘアメイクリハーサル・前撮り・装花やブーケ・料理・音響・各種ムービー作成と決めることと作ることが盛り沢山でとても忙しかったです。

4.他にどんな会場を見ていたの?

他に見ていた会場は、

・パレスホテル東京
・グランドハイアット東京
・ウェスティンホテル東京
・シェラトン都ホテル東京

です。ホテルのHPや口コミ等いろいろ見て勉強していたのですが、ホテルインターコンチネンタル東京ベイに一目惚れして即契約したので、他のホテルは見学をキャンセルしちゃいました。

5.結婚式準備で1番最初にしたのは?

最初はやはり、ドレス選びです。私の式場は提携店が決まっていて、実際に見に行けるのは半年くらい前からだったと思いますが、式場を契約する時に、「すぐにドレスを見に行きたい」と担当営業さんにお願いしました。
なので、式場の契約をしてすぐにドレス選びを始めたので、1年くらい前から少しずつ始めていました。

実は自分の好きなドレスが無い場合は、ドレスを購入して持ち込もうと思っていました。
結果的に自分の好きなドレスに出逢えたので、提携店で決めたんですが、それまではいろんなドレスショップに行って自分に似合うラインのドレスを探しました。「好き」と「似合う」は別物なので、とことん探すと良いと思います。

6.私の選んだドレスはこれ!

悩みに悩んで決めた私のドレスはこの3着を選びました。

・YumiKatsura NYのマーメイド
・アクアグラツィエオリジナルのワインレッドのカラードレス
・VeraWangの1G029(通称:バレリーナ)

6-1. YumiKatsura NYのマーメイド

ドレスは提携のショップで気に入ったものが見事見つかったので、アクアグラツィエでお願いしました。
もともとウェディングドレスはマーメイドラインを着る!というのを最初から決めていたので、マーメイドドレスばかりいろいろなお店で試着しました。
母は、私の身長があまり高くないことから、少し反対していましたが、ドレスを見せると最終的にはOKしてくれました。
その代わりに母がこれも着てほしい!と言っていたVeraWangのバレリーナを二次会や後撮りで着ることにしました。

マーメイドドレスは、次の3点を条件に探しました。

・トレーンがかなり長め
・身体のラインが綺麗に見えること
・胸元がしっかりホールドされていること

お互いの職場の上司がかなり出席してくださるということと、上品な結婚式にしたかったので、お辞儀をしても胸元が嫌らしくならない、というのが主人からの必須条件でした。

マーメイドドレスでトレーンが長めのものって意外と無くて苦労したんですが、そこで出逢ったのがYumiKatsura NYのドレス。
刺繍やレース、細かなところまで繊細で上品に作られていること、日本人の体型に合ったドレスだということ、お辞儀もしっかりできるよう胸元がしっかりホールドされていることがとても気に入ったので、このマーメイドドレスに決めました。
このドレスはとても重くて慣れるのに苦労しましたが、その分トレーンや後ろ姿がとても綺麗だったので、参列してくださったゲストの方に沢山のお褒めの言葉をいただきました。

6-2. アクアグラツィエオリジナルのワインレッドのカラードレス

カラードレスに関しては、私も主人も母も一目惚れした一着。ヘッドドレスや髪型を目立たせたかったので、シンプルなワインレッドのドレスを選びました。
友人たちの多くは「きっと赤を選ぶ!」と思ってくれていたようで、「やっぱり~!」と皆喜んでくれました。
このカラードレスに合わせて、主人には少しカジュアルなブルーのタキシードを着てもらいました。自分の中ではすごくお気に入りな組み合わせです。

6-3. VeraWangの1G029(通称:バレリーナ)

二次会で着用したVeraWangのバレリーナ。カジュアル、そしてシンプルにしたかったので敢えてサッシュベルトは使わずに着ました。
よくInstagramでは付属のサッシュベルトやカラーのもの、キラキラなものを着けているのを見かけると思いますが、個人的には着けずにローウエストをしっかり見せるスタイルがとても好きだったりします。

7.最後まで悩んだヘアメイクについて

はじめはヘアメイクさんを外注する予定で、Instagramでヘアメイクさんを探していました。
契約するかどうかのところで、一度式場提携のヘアメイクさんと連絡を取り、いくつか相談やカウンセリングをしていただきました。

式場提携の方だと直前までどなたに決まるか分からないらしいのですが、契約時に事前に相談をしていたので、かなり早い段階で担当さんを決めていただくことができました。
その方がとても親身になって相談に乗ってくださったことと、作ってくださったヘアメイクがとても好みだったので、提携のヘアメイクさんにお願いしました。

次の記事では、招待状やペーパーアイテム、装花、写真&ビデオなどの上ディングアイテムと、よかったこと&後悔したことなど、結婚式当日についてレポートします!
卒花ayakaさんのリアル結婚式レポート【後編】

《この記事を書いた卒花》


ayakaさん(aya_wd0408)|2017年4月にホテルインターコンチネンタル東京ベイで挙式・披露宴を行う。

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング