Choole

MENU

【Choole(チュール)を使ってみた】natsumiさん編@nh1188wd “Natural Wedding”

Share

卒花によるChoole(チュール)体験レポ。今回は、natsumiさん(@nh1188wd)にChoole(チュール)のサービスを使用していただき、『次に結婚式を挙げるなら・・・』を想像してプランを作っていただきました!
現在、どんな結婚式をしたいか悩んでいるプレ花嫁さま必見です!(文:aya))
《chooleを使ってみた卒花》
ブーケトスのかわりにトスバッティングやビッグスプーン、デザートビュッフェなど、演出にこだわり、アニヴェルセル神戸で結婚式を挙げた“アニ卒花嫁”さん。

1. Choole (チュール)でウェディングドレスを選んでみた

座談会ではまず、みなさんにChoole(チュール)でウェディングドレスを選んでもらいました。
結婚式の準備ってまずは会場からだと思ってしまいがちですよね?
自分の好きなドレスを先に見つけて、それからその雰囲気に合うような会場を探すのってとても新鮮だし、花嫁さんにとって重要なウェディングドレス!気に入ったドレスを諦める必要がないので、すごく効率的なんです。
Choole(チュール)では、スマホやPCを使えばいつでも、どこでも選ぶことができるんです。

1-1. 好きなドレスをさくさくクリップ

まずは、気になるドレス写真をとりあえずどんどんクリップしていただきました。みんなで雑談しながら、片手で気に入ったウェディングドレスをどんどんクリップしていくことができるので、とても簡単なんです。

出典:Choole

沢山好きなものをクリップした後は、全体のバランスが合うように本当に欲しいものをマイプランに入れていきます。

今回natsumiさんは、“Natural Wedding”をテーマに楽しく妄想していただきました。

1-2. ドレス1着目はcouture naoco のウェディングドレスに決定

出典:Choole | couture naoco

Natsumiさんが妄想ウェディングに選んだのこのドレス。couture naoco の ウェディイングドレスです。
品番等の詳細はChoole(チュール)のサイトで確認してみてくださいね!

透明感のある輝きが美しいスターリーチュールから、繊細なレースがふんだんに覗くエアリー感あふれるウェディングドレス。
ウエストマークされたベージュタフタのビジューベルトは取り外し可能で、ネイビータフタのリボンベルトにもチェンジ出来ます。

Natsumiさんは、以前から花嫁さんの間で流行っていたサッシュベルトがとても気になったんだそう。
こちらのウェディングドレスのビジューベルトを着けると、ドレスの印象がガラッと変わるので、コーディネートが倍楽しめるドレスですよね。
そしてウェストもすっきり見せてくれるので、足長効果も期待できそうです。

couture naoco
「挙式日はいちばん素敵におしゃれをする日」をコンセプトに、自分らしいファッションと個性を活かすためのすべてがあるドレスショップ“couture naoco”。
洗練されたオリジナルデザインのドレスを始め、取り扱いブランドが豊富なのも魅力です。JILLSTUART“PAUL&JOE“、KIYOKOHATA、ANTEPRIMA、M/mika ninagawa、Disny WeddingDressCollectionといった人気ブランドのウエディングドレスと、おしゃれなタキシードがトータルコーディネートできます。

1-3. お色直しドレスはJUNOのブルーのLeaf for Bridesに決定

出典:Choole | JUNO

お色直しには、JUNOのLeaf for Bridesのドレスを選んでいただきました。Leaf for BridesのドレスはInstagramでもとても有名ですよね。Natsumiさんはブルーをチョイス。

Natsumiさんは可愛らしいカラードレスは少し苦手なんだそう。大人っぽいデザイン、そして少しくすんだようなスモーキーカラーのドレスを選ばれました。
ブルーグレーの柔らかな色の重なりと、ボートネックがクラシカルな素敵なカラードレスです。

●Leaf for Brides
「THE TREAT DRESSING」のプロデューサー・バイヤーとして知られる山城葉子さんが、自らデザイナーとして立ち上げたドレスブランド“Leaf for Brides”。
世界中をめぐって数多くの素敵なドレスに出会ってきた彼女ならではの感性と審美眼で、上質な生地、美しくてニュアンスのある質感、完璧なシルエットや繊細なディテールを持つウエディングドレスを次々と生み出しています。
日本の花嫁のために誕生したドレスブランド、必見です。

1-4. ドレスに合わせてタキシードをコーディネート

タキシードで選んでくださったのは、couture naocoのホワイトのものと、Authentiqueのネイビーのもの。

出典:Choole | couture naoco

出典:Choole | couture naoco

1着目のドレスにはホワイトのタキシードを。フロントエンドのカットをポイントに足元をすっきりと見せてくれるホワイトロングタキシード。
華やかな光沢を放つ素材とペイズリー柄のタイ&ベストがオシャレ心をくすぐる一着です。

出典:Choole | Authentique

2着目はネイビーのタキシードに。鮮やかでありながら深みのあるブルー地が、タイトめなパターンと相まって、すっきりと締まったボディラインを演出してくれます。
Natsumiさんが選んだブルーグレーのドレスにぴったりですよね。

2. 会場やブーケなどの装花はこちら!

次はこれまた重要な会場やブーケなどの装花。Natsumiさんは何を選ばれたのかご紹介していきます。
もともとナチュラルな雰囲気が好きなNatsumiさんは、カジュアル感も出てアットホーム感も出るグリーン多めの装花が外せないポイントだったそうです。

2-1. 結婚式のテーマに合った装花をチョイス

出典:Choole | 花屋福太郎

出典:Choole | 花屋福太郎

装花は、花屋福太郎 さん。Natsumiさんの実際の結婚式では高砂テーブルをされたので、今回の妄想ウェディングではソファ高砂を選ばれました。

大きな木とフラッグでガーデンウェディングを表現。アジサイ、レースフラワー、カーネーション、小花を使用していて、natural weddingにぴったりですよね。

2-2. ブーケはクラッチブーケ&リースブーケに!

挙式、披露宴に合わせるブーケは、rosariumのクラッチブーケ、花屋福太郎のリースブーケに。

出典:Choole | rosarium

挙式はお花畑で摘んで来たようなカジュアルウエディングにぴったりなクラッチブーケを選ばれました。
淡いカラーがミックスされているので、とても可愛らしいブーケです。お花もバラ、ミモザ、マトリカリア、アネモネ、アスチルベ、ブルースター、ブプレリウムと沢山の花材をふんだんに使用した贅沢なブーケです。

出典:Choole | 花屋福太郎

お色直しのドレスには花屋福太郎のプリザーブドフラワーのナチュラルリースブーケに。リボンがとっても可愛いですよね。
こちらのブーケも沢山のカラーやアジサイ、小花のプリザーブドフラワーの花材を使用しているのでとても可愛い雰囲気です。

出典:Choole

3. ヘアメイクさんはこの方に!

出典:Choole | Ramillete

出典:Choole | Ramillete

出典:Choole

Nastumiさんがマイプランに入れたヘアメイクさんは、Ramillete

「イメージがわかない」
「ドレスに合うのかわからない」
「どんなヘアパーツにしよう?」

イメージがわかなくても、リハーサルメイクでやってみたいヘアスタイルは試してみてくださる、素敵なヘアメイクさん。
気に入ったヘアパーツやアクセサリーのレンタルもイメージ通りのお花の注文、長さがなくてもエクステで希望のヘアスタイルを叶えてくださるので、我慢することなく安心してお任せできそうですよね。
お母様のヘアメイクもしてくださるんだとか。

ヘアは、挙式は動きを出した低めで上品なシニヨンスタイルを、お色直しでは、グリーンパーツを中心としたナチュラルなローポニースタイルを選ばれました。

4. 映像と写真のカメラマン選びは?

“Natural Wedding”をテーマに結婚式のアイテムを選んできたNatsumiさん。ドレスもフラワーもナチュラルな雰囲気を大切にしているだけに、その雰囲気をそのまま記録として残してくださるようなカメラマン選びが重要になってきます。
Natsumiさんが選んだカメラマンはこちら!

4-1. 写真はカット数を重視して!

出典:Choole | BNEXT

出典:Choole

 
写真は、BNEXTさんに。
Natsumiさんはカット数に惹かれて選んだんだとか。写真の雰囲気もとてもドラマチックで素敵なので、思い出のとっておき写真が沢山できそうですよね。
後から自分でアルバムを作るのも楽しみです。

4-2. 映像のカメラマン選びは?

 

出典:Choole | ヴァンデ・クリエーション

映像は、ヴァンデ・クリエーションを。
メイクシーンから挙式・披露宴中盤までの当日エンドロール「Party」に加え、エンドロールでは入ることができなかった披露宴終盤の新婦手紙、花束贈呈、新郎謝辞など全てを収録。
しっかり最後まで撮ってくださるなんてとても魅力的ですよね。

当日上映「Party」+当日の全てが詰まった「Highlight」2点をご用意していただけるんだそう。
2名のクリエイターがおふたりの1日をドラマチックに撮影・その場で脚本を作り当日その場で1本の作品へとデザインしてくださるので、結婚式の興奮が冷める前に見れちゃいますね。
 

5. 最後は会場選び!

ドレスにフラワー、写真、映像…と、自分の大好きを詰め込んでいただいた後は、次は会場について。
Natsumiさんの結婚式にテーマにぴったりな会場を選んでいただきました。
 

出典:Choole | 8G Horie RiverTerrace Wedding

Natsumiさんが選んだのは8G Horie RiverTerrace Wedding
ロケーション抜群の好立地で、モダンよりはいきすぎないほどよいラグジュアリー感で統⼀されたバンケットは、⼀⾯ガラス張りで贅沢なロケーションを独占!
お招きするゲストに非日常的な印象を与えつつ、リラックス感のある誰にとっても心地よいラフな大人のウェディングタイムを作り上げてくれます。
Natsumiさんご希望のnaturalなオトナweddingにぴったりな会場です!

Choole(チュール)では、いくつか気になる会場があればオンライン上で代わりに予約を取ってくれたり、困っていること、プランや価格についてのアドバイスも沢山いただけるので、プレ花嫁さまに寄り添った心強い味方です。
忙しいワーキング花嫁さんも安心してお任せできちゃいますよね。

6. まとめ

今回はnatsumiさんに、Choole(チュール)のサービスを使用していただいて、とても素敵なウェディングのプランを作っていただきました。
テーマの“natural wedding”にぴったり合うものばかりでしたよね。Choole(チュール)のサービスを上手く使用することで、簡単でそして価格も抑えめで、とっておきのウェディングを作ることができるんです。
持ち込みについてのお悩みも問題解決しますよ。ぜひ、このサービスを使って、我慢しない最高のウェディングにしてくださいね。

natsumiさんの結婚式

2017.11.18 アニヴェルセル神戸で開催。

テーマは特に決めていなかったのですが、ご招待するゲスト(親族の方も含め)の方がこれまでに経験したことのないようなくらいアットホームな時間を過ごしてもらいたかったのでナチュラル、アットホームを意識しました。

ドレスはTAKAMIBRIDALで選びました。上品かつ可愛らしさもあるドレスが着たかったので、初めからほぼTAKAMI一択でした。
ブーケは挙式時はAラインのドレスに合う清楚なキャスケードブーケと決めており、お色直し時はカジュアルにしたかったのでクラッチブーケにしました。
それに合わせて会場装花もグリーンを多目のナチュラル雰囲気にしました。

こだわったポイントは演出で、ブーケトスのかわりにトスバッティングやビッグスプーンの登場方法やデザートビュッフェのお披露目方法をこだわり、ゲストが驚くような演出にしました。
その他はアニヴェルセル神戸のキャトルセゾンで人気のキッチンカーテンオープンのサプライズ演出を、スタッフさんにご協力いただき行いました。

友人も多くとにかく堅苦しくなくラフな披露宴になり、ゲストや親族の方から今までで一番楽しい結婚式だったよとたくさんお声をいただきました。

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング