Choole

MENU

【結婚式事例紹介】卒花美理さんのリアル結婚式レポート

Share

こんにちは!2018年7月7日にザ・リッツ・カールトン東京で挙式・披露宴を行った、美理です。花嫁準備期間中は、インスタを通してたくさんの情報収集をしていたので、そんな私の体験談がこれから式を挙げられる方々の参考になれば嬉しいです。(文:miri)

1. 式場と選んだポイントって?

結婚式は、絶対ホテルウエディングと決めていて、The Ritz Carlton Tokyoのグランドボールルームにしました。
下見に行ったところ、装飾センスと大人な雰囲気に感激し、すぐにホテルのファンになりました。世界レベルで有名なホテルの格と最高のサービス、六本木という立地にも惹かれました。

2. いつぐらいからどんな準備をしていたの?

約10か月前から式場見学を始めて、半年前からドレス選びをしていました。ドレスは40着以上試着して運命の2着に出会いました。

3. 他にどんな会場を見ていたの?

外資系ホテルに絞り、マンダリンオリエンタル東京・ペニンシュラ東京に見学に行きどちらも素敵なホテルだったので最後まで悩みました。

4. 結婚式のこだわり3ポイント

結婚式の中で特にこだわりを持っていたのが、
・ゲストへの感謝
・パーティー
・夏

です。

4-1. ゲストへの感謝

一番重きを置いたのはいつもお世話になっているゲストへの感謝を伝えらえる場にすることです。料理や飲み物、引き出物等、一つ一つ心を込めて決めたつもりです。
写真は1つ目のブーケを婚約が決まっている友達にプレゼントしたときのものですが、とても喜んでくれました。

4-2. パーティー

ホテル婚でも堅苦しくなく、形式でもなく、一人一人に楽しんでいただきたくて、BGMは60曲の洋楽やパーティーチューンを主人が厳選してくれました!

4-3. 夏

私達の式は夏だったので、夏らしさが感じられるような雰囲気を意識しました。
見ているだけでハッピーになれるような色味のトロピカルな装花を取り入れたり、2着目のドレスは、リゾートウェディングにも合いそうなコットンレースのスレンダードレスにしました。

5. 結婚式準備で1番最初にしたのは?

インスタを中心に自分のやりたいイメージを実現するために、とにかくたくさんの情報を拾い集めました。

6. 私の選んだドレスはこれ!

①VERA WANG Octavia
②Rue de Seine Fox Gown
 の2着を選びました。

6-1. VERA WANG Octavia

何回見てもこのドレスが一番♡と思えるドレス。Octaviaの計算しつくされたラインと、ハートカットにふんわりチェックチュールの透明感がたまりません!

6-2. Rue de Seine Fox

お色直しのドレスは、マグノリアホワイトでオーダーしました。大好きなオフショルダーと、すっきりとしたラインが自分らしくてお気に入りです。
このドレスをかっこよく着こなしたくて、花嫁美容はワークアウトが中心でした!

7. ヘアメイクについて

ヘアとメイクはなかなか自分の理想通りにならなくて、写真や動画等なるべくたくさんのサンプルを持参してイメージを伝えました。
ファンデーションは自前にして、目じりのアイラインは自分で描きました。海外サイトから購入したマリアエレナのヘッドアクセがお気に入りです。

8. お気に入りの招待状やペーパーアイテム

デザイナーの友人に完全オリジナルでデザインしてもらった&手作りした席次表、ネームカード、メニューカードは私の大好きが詰まったお気に入りです。
何度もやり取りさせてもらって枠の太さや色、フォントまで細かいことろまでこだわりました。
すべて自力で作りあげるのは本当に大変で前日まで作業することになってしまいましたが、完成したときの達成感は忘れられません。

9. 高砂やブーケはどうしたの?

高砂装花は夏っぽく明るくHAPPYな雰囲気で、リッツカールトンのイメージを良い意味で裏切りたいと思って、ミレニアルピンクをメインにオーダーしました。

ブーケは会場に合わせたトロピカルな雰囲気のピンクを1つ、フラワーアレンジメントのお仕事をされている先輩のお母様に愛情たっぷりつくっていただいたホワイトクラッチを1つお願いしました。

10. カメラマンやムービー選びは?

持ち込みのムービー作品はウチキフィルムさまに2本オーダーして、ドラマチックに作っていただきました。
丸1日かけて撮影して作っていただいたムービーは本当にかっこよく仕上げていただいて、今でもiPhoneに入れてよく見返しています。当日の撮影は、持ち込み不可だったのでホテル専属の方々にお願いしました。

11. これやって良かった!友人に褒められたポイント

装花を小さな花束にゲストに最後配ったことと、大学のダンスサークル時代の友人達と一緒に踊った最高すぎる余興、リッツカールトンスタッフの皆様のサービスとお料理が好評でした。

12. こうしておけば良かった…後悔していること。

自分のやりたいイメージを伝えるのが難しかったので、ヘアメイクを持ち込みにしなかったこと、友人代表スピーチをお願いしなかったこと(主人はお願いしていてうらやましかったです)

13. まとめ

式に参列してくださる大切な方々に感謝を伝えるサマーパーティーがテーマだった私達の結婚式。格式あるリッツカールトンで最高のおもてなしと、自分達らしさがたくさん詰め込んだ結婚式を挙げることができて、人生最高の日となりました。

InstagramなどのSNSの活用はもちろんですが、Choole(チュール)のようなサービスを上手に活用して、経験豊富なプロのウエディングプランナーさんにアドバイスをもらいながら効率よく、結婚式準備を進めてみるのもいいと思います。

Choole(チュール)はLINEから気軽に相談できるのでぜひ活用してみてくださいね。プレ花嫁の皆様にとって、結婚式当日が最高の1日になりますように。

♦Miri(@ my_wedding_mj

2018年7月7日にThe Ritz Carlton Tokyoで挙式・披露宴を行った美理です。
トロピカルな装花に、堅苦しくなりすぎないゲストの皆様が楽しんでいただけるようなサマーパーティーにしました。40着試着した中から見つけた運命のドレスは、お気に入りです。

KEYWORD関連するキーワード

RELATED関連する記事

RANKING人気ランキング