Choole

MENU

SNSやWebを結婚式に活用!西村夫婦・酒井夫婦が語る自由で新しい結婚式のカタチ|Wedding Select Fes イベントレポ

Share

近年は、固定概念などに囚われない自由な結婚式を挙げるカップルが増加中。中でも、今回ご紹介する西村夫婦はクラウドファンディングで結婚式費用を募集したり、酒井夫婦は廃校で1泊2日の結婚式を挙げたりとユニークなアイディアが注目されています。そんな西村夫婦と酒井夫婦が挙げた結婚式の様子や結婚式に対する考え方に着目。2019/6/8、渋谷で開催したイベント「Wedding Select Fes」の西村夫婦と酒井夫婦のトークセッションより抜粋してレポートします。(文:三島 莉永)

1. 結婚式を自分たちで創り上げた、西村夫婦と酒井夫婦


▲酒井夫婦(中央)と西村夫婦(右)

西村 脩平さん&奈央美さん
2019年5月に結婚式を挙げたカップル。自分たちらしさを最大限発揮しつつ、コストは半分に抑える“カスタマイズ婚”を実現しました。また、結婚式の費用をクラウドファンディングで募集したことでも話題です。

酒井 芳樹さん&薫さん
2016年10月に結婚式を挙げたカップル。結婚式場ではなく森の中の廃校を利用して、ゲストと共に寝泊りする1泊2日のフェスのような結婚式を実現しました。固定概念に囚われない自由な発想が注目されています。

2. クラウドファンディングで叶えた!西村夫婦のカスタマイズ婚とは

まずは、クラウドファンディングで結婚式の費用を募った西村夫婦に着目。西村夫婦は、そもそも日本の結婚式に対する価値観に疑問を持っていたそう。そこで、ゲストの参加の仕方に“気持ちだけ参加する=気賓”という選択肢を設けたり、結婚式に来られないゲスト向けにライブ配信を行なったりと工夫を凝らしたと言います。


▲西村夫婦が行なった“カスタマイズ婚”の内容とは……?!

――西村夫婦はカスタマイズ婚という独自のスタイルで結婚式を挙げたそうですが、なぜカスタマイズ婚を挙げようと思ったのでしょうか?

(西村 脩平さん)そもそも「日本の結婚式って、結婚式を挙げる新郎新婦側にも、参加するゲスト側にも負担が大きすぎるのでは?」と疑問に思ったのがキッカケです。都内の結婚式場やゲストハウスで挙げると400~500万円くらいかかるし、ゲストはご祝儀と二次会代、あとは遠方の場合の交通費が加算されて、結婚式に参加するのに合計7~8万円かかることもあるし。でも調べてみると、アメリカのセントラルパークだと撮影料3000円位払って、皆そこら辺で結婚式を挙げるとかが日常らしくて。そういうことを知って、日本の結婚式の価値観は結構偏っているんじゃないかなって思ったんです。

(西村 奈央美さん)日本の結婚式って結構式場さんにお任せしたり、企画からやってくれる会社さんにお願いするケースが多いと思うんですけど、そうするとどうしても費用が高くなってしまうので。その費用を抑えるために「自分たちで労力をかけよう」ということでクラウドファンディングを実施しました。また、この仕組みを世の中に広めたいなと思って。

(西村 脩平さん)「結婚式にはこういう選択肢もあるんだよ」っていうケースを作ってみようということで挑戦をしました。一回自分たちで実験的な感じで結婚式を挙げてみて「どんだけ手間がかかって、どれぐらいお金がかかったのかという内訳をちゃんとわかるようにしよう」っていうので、今は内訳を記載したブックを作っています。


▲結婚式を挙げるためにクラウドファンディングを実施

――実際にカスタマイズ婚を行なってみて、周りの方の反応はいかがでしたか?

(西村 奈央美さん)1番良かったなと思うのは、ゲスト側の参加方法を「参加する・しない」の二択だけじゃなくて、「気持ちだけ参加したいから、お祝いだけするね」という方向けに“気賓”という選択肢も作ったんです。私、高校時代の大親友が今岡山にいるんですけど、結婚式の2ヶ月ぐらい前に子供生まれたばかりで結婚式の参加は難しかったんですよ。でも、「気賓っていう選択肢を設けてくれたから気持ちのやり場ができてよかった」って言ってくれて。で、気賓向けにライブ配信も行なったので、「ライブ配信も見れてよかったよ」と言ってくれたんです。

(西村 脩平さん)クラウドファンディングのメニューに「気賓」という枠で、3000円・8000円という選択肢を入れておいたんです。それが受けるのか、ネガティブに捉えられるのかわからなかったんですけど、やってみたら「気賓ってめっちゃいいね!」みたいな声が結構ありました。

3. 1泊2日の結婚式?!酒井夫婦のセルフプロデュース婚とは

続いて、酒井夫婦が行なった1泊2日のセルフプロデュース婚についてお話を伺いました。酒井夫婦が結婚式を行なったのは、なんと森の中にある廃校!食器などの備品は用意されていないため、料理の提供に使い捨てのペーパーを使用したり、寝袋を引出物にしたりと工夫したそうです。また、カメラマンが急きょ来られなくなった際には、新郎新婦とゲスト全員でLINEグループを作成してお互いに写真を共有するなど、臨機応変に対応したと言います。


▲酒井夫婦がセルフプロデュース婚を挙げようと思った理由は……?!

――初めに、セルフプロデュース婚を挙げようと思ったキッカケを教えてください。

(酒井 薫さん)私は最初普通の結婚式を考えていたんですが、彼は最初から「結婚式作りたい、作る過程を楽しみたい」と言っていて。最初は私、意味がわかんなかったんですけれども(笑)。でも、ブライダルフェアに行ったり、プランナーさんに相談したりしている内に「2人で協力して一個のことを進めていくことが楽しいな」と気付いたんです。結婚式って、自分たちが決めたゴールに辿り着けるかどうかが1番大事なところだと思うんです。

(酒井 芳樹さん)僕らは結婚式を通してどうなりたいか?っていうのを何となく考えたんですよ。結婚式を通じて、僕の友人や彼女の友人など、ちっちゃいコミュニティーをひとまとめにして大きなコミュニティーを作れたら、すごくこれからの人生楽しくなるなぁって思っていたんです。

――そのゴールに辿り着くまでに、具体的にどんな過程を踏んだのでしょうか?

(酒井 芳樹さん)自由っていうのは裏返すと何も決まってないんで、まずは「軸を作ろう」ってことになりました。僕らの場合は、「結婚式を作る過程を僕らが楽しんでいこう」っていうのをコンセプトにあげました。やっぱり諦めないといけない部分もあるので、コンセプトを決めておくとそういった取捨選択の判断の軸になるかなと思います。

(酒井 薫さん)コンセプトが決まっていると結婚式に関する悩みにも「私はここに向かっているからこれが正しいんだ」っていう風に思えるし、ゲストに対しても「こういう風な理由で選んだ」っていうのが明確にわかるのですごくいいなと思います。


▲1泊2日の結婚式では、温泉巡りバスツアーも開催

――なるほど。1泊2日で廃校にて結婚式挙げたとのことですが、具体的にどんな内容の結婚式になったのか教えていただけますか?

(酒井 薫さん)まず、独自にWebサイトを作って、サイト上でゲストに参加確認をしました。私たちの結婚式は会費制だったので、Webで参加登録をしてもらいキャッシュレスで決済していただきました。

――会費はおいくらぐらいだったのでしょうか?

(酒井 薫さん)2万円です。会費にもこだわりがあって、普通の結婚式って一次会に参加するときにご祝儀で大体友人だと3万円くらいじゃないですか?でも、二次会や三次会に参加したり、新郎新婦の2人と1日を長く過ごしてくださると、その分負担がかかってしまう。なので、私たちの式は昼から始めて夜はキャンプをして、次の日に温泉巡りのバスツアーを付けたんです 。当日私たちに長く付き合ってくれる人が1番コスパが良くなるように、何時までいても同一料金にしました。

――それはユニークな考えですね!廃校で1泊2日となると、お料理の食器や寝具などはどうやって手配したのですか?

(酒井 芳樹さん)そういう設備が全然ない場所だったので、机や椅子を借りるところから始まりました。当然お皿もないので、僕たちは木のカッティングボードを作って、その上にキッチンペーパーみたいなシートを置きました。その上に一品ずつ料理をのせて提供して、料理ごとにペーパーを変える形でコース料理を実現しました。

(酒井 薫さん)他にも、夜眠る際には皆さんに引き出物という形で寝袋を用意しました。

――引き出物に寝袋ですか! (笑)

(酒井 芳樹さん)学校の講堂があるのでそこに畳をひいて、畳の上で寝袋に入って寝るっていう形にしました(笑)。

――それは斬新なアイディアですね!ちなみに、結婚式中ハプニングなどは起こりましたか?

(酒井 芳樹さん)カメラマンを友人の方に頼んでいたんですが、その友人が当日高熱が出て結婚式に来られなかったんです。でも、ゲストそれぞれにスマートフォンで撮った写真を共有してもらったり、「カメラ持っている人は貸してください」と言ってゲストから助けを借りました。

(酒井 薫さん)後日全員参加のLINEのグループを作って、写真を共有していただきました。そういうハプニングがあったからこそ参加者全員と繋がれたし、写真も共有もできてよかったです。

4. 今までにない結婚式のスタイルだからこそ気を配ったこと

前例のない新しいスタイルで結婚式を挙げた西村夫婦と酒井夫婦。しかし、今までにない結婚式にスタイルだったからこそ、事前にFacebookでグループを作ってゲスト同士の交流を深めたり、LINEのグループを作って情報共有をしたりと気を配ったと語ります。


▲ゲストにも結婚式を楽しんでもらえるよう、事前に自己紹介の場を設けたそう!

――先程も少しお話されていましたが、FacebookやLINEのグループを作ってゲストへ情報発信されるという現代らしいやり方にも驚きました。FacebookやLINEでは、具体的にどのような情報を発信していたのでしょう?

(西村 奈央美さん)私たちはFacebookに結婚式の参加者全員を入れた非公開のグループを作って、当日のドレスコードなどを伝えていました。あとは、事前に「どういう人が来るんだろう?」っていうのをゲストが知れるように、参加者同士が自己紹介をするスレッドを1つ作りました。

――確かに、そういう自己紹介の場があると当日スムーズに交流が始まりますよね。酒井夫婦はどのように情報発信を行ないましたか?

(酒井 薫さん)私たちは独自で作ったWebサイト上に「会場が学校だし芝生なので、汚れてもいいようなお洋服でお越しください」と伝えました(笑)。


▲森の中で挙式を行なったため、ゲストは汚れてもいい服で参加♪

(酒井 芳樹さん)初めてキャンプするという人も多かったので、そういった人たちには個別に連絡もしましたし、Webサイト上にQ&Aのコーナーを作りました。あとはLINEでグループを作って、結婚式開催の1週間前から毎日夜の決まった時間にメッセージを送り、そこでゲストに1つずつ準備を詰めていってもらうっていう形にしました。

5. 自分たちらしい自由な結婚式を!西村夫婦が伝えたいこと

今回カスタマイズ婚を成功させた西村夫婦は、「お金も参加方法も自分たちらしい形で結婚式を行なうことが当たり前になったらいい」と語ります。また、これから結婚式を挙げる予定のカップルに向けてアドバイスもしていただきました!


▲自分たちらしい結婚式を叶えるため、まずは発信を!

――これから結婚式を挙げる予定のカップルに向けてアドバイスをお願いします。

(西村 脩平さん)僕は、日本はまだ「結婚式はこういうものだ」って決まりきっているなと思います。「親がこう言うから」とか「上司呼ぶから」とか色々あると思うんですけれど、これから世の中の人たちが「俺たちの結婚式ではこうやってみよう」ってちょっとずつ変えていくことで、お金の面やゲストの参加の仕方でも、自分たちらしい自由な結婚式っていうのが当たり前になっていけばいいと思います。

(西村 奈央美さん)カスタマイズ婚を挙げるにあたって不安に思うこともありましたが、声を上げてみると意外と色んなところから助けてくれるという経験をしました。なので、「やりたいけど、ハードル高いしやめとこう」って思うのではなく、TwitterやFacebookで投稿するなり、まずは勇気を持って声をあげてみてほしいと思います。

6. 夫婦で価値観を擦りあわせることが大切!酒井夫婦が伝えたいこと

最後に、酒井夫婦にこれから結婚式を挙げる予定のカップルに向けてアドバイスをいただきました。酒井夫婦曰く、結婚式の可能性はどんどん広がるとのこと。また、結婚式を成功させるためには、夫婦の価値観を擦りあわせることが重要だと言います。


▲結婚式を成功させるためには、夫婦の価値観を擦りあわせることが重要!

――これから結婚式を挙げる予定のカップルに向けてアドバイスをお願いします。

(酒井 芳樹さん)結婚式って「普通は」とか「常識的には」っていうことがすごく多いと思うんですけれど、でも自分たちのしたいことができるパーティーってそうそう人生にないので。周りからの目線を考えずに、自分が本当にやりたいことに正直になって結婚式を創り上げていくと、これから結婚式の可能性がどんどん広がっていくと思います。

(酒井 薫さん)結婚式で1番やって良かったことは、コンセプトを最初に作ったことです。で、コンセプトを作るためには夫婦の価値観をすり合わせないといけないと思います。「相手が大切に思っていることは何だったのか。今は何を大切にしたくて、今後の人生では2人で何をしていきたいのか」っていうのをしっかり擦りあわせることによって、結婚式の成功に結びついたと思います。

7. まとめ

2019/6/8、渋谷で開催したイベント「Wedding Select Fes」より、西村夫婦と酒井夫婦のトークセッションの様子をレポートしました。
「Wedding Select Fes」では7組のスピーカーに話をしていただきましたが、結婚式に対する価値観も結婚式の内容もそれぞれ異なっていました。
一人一人に個性があるように、夫婦のカタチや結婚式のカタチも人それぞれ。西村夫婦や酒井夫婦のように、今までにない自由な結婚式を挙げたい!というカップルをChooleではこれからもサポートしていきます!

*写真やスクショをLINEで送ってもOK!
「こんな雰囲気の結婚式場を探してます!」「こんなイメージのドレスでおすすめのショップを教えて!」など、あなたの質問や相談にChooleのコンシェルジュが無料でお答えします。方法は簡単。スクリーンショットや写真をLINEで送るだけ!お気軽にどうぞ。

Chooleの「スクショで結婚式相談」ご利用方法

KEYWORD関連するキーワード

RANKING人気ランキング